文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「absorb」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「absorb」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「absorb」の意味について1分で理解しよう!

「absorb」は動詞で、「吸収する」、「理解する」、「取り込む」という意味があります。

液体や音、あるいは知識などが他のものに取り込まれることを示すのに使用されます。

ネイティブスピーカーは「absorb」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは、物理的な状況で何かが液体や光を吸収する場合、また学習や会話を通じて情報やアイデアを理解する文脈で「absorb」を使います。

「absorb」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階評価で3です。

基本的な単語で、幅広い年齢層が日常生活や学校などでよく使います。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「absorb」をマスターしよう!

例文1

The sponge can absorb a lot of water.
このスポンジはたくさんの水を吸収できます。

例文2

I need more time to absorb the information.
その情報を理解するにはもっと時間が必要です。

例文3

Plants absorb sunlight through their leaves.
植物は葉を通じて太陽光を吸収します。

「absorb」の発音をマスターしよう!

発音記号: [əbˈzɔːrb]、カタカナ読み: アブゾーブ 「absorb」は二音節で構成されており、最初の「ab-」は「アブ」と発音されます。

ここでは「a」の音が非強勢であり、軽く「ア」と発音されます。

「-sorb」で始まる部分は強勢があり、「ゾーブ」と発音されます。

「r」は、発音されれば若干ロールさせることがありますが、多くの方言では軽く扱われます。

「absorb」の類義語はどんなものがある?

「ingest」と「absorb」は共に取り込むことを意味しますが、「ingest」は食べ物や飲み物を体内に取り入れることに焦点を当てる場合が多いです。

例文:The body ingests nutrients and vitamins from food.
和訳:体は食べ物から栄養素とビタミンを摂取する。

「absorb」の対義語はどんなものがある?

「emit」と「absorb」は反対のプロセスを指します。

「emit」は発出すること、すなわち何かを放出することを意味します。

例文:The machine emits a lot of heat.
和訳:その機械は多くの熱を発散する。

「absorb」を語源から学んでみよう

「absorb」はラテン語の「absorbēre」から来ており、「吸い込む」や「飲み込む」という意味です。

この単語は「ab-」という接頭辞(「離れて」の意)と、「sorbēre」(「吸い上げる」の意)という動詞が合わさってできています。

語源が似ている言葉には「absorption」(吸収)、「adsorb」(吸着)、または「sorbet」(シャーベット、吸い取るように口溶ける冷菓)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,