文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「conservation」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「conservation」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「conservation」の意味について1分で理解しよう!

「conservation」は名詞で、「保護」、「保存」、「節約」などの意味を持ちます。

自然や環境の保全、文化財の保存、資源の節約など、何かを守り持続させることに関連して使われます。

ネイティブスピーカーは「conservation」をどんな場面で使う?

ネイティブは、「conservation」を環境保護、動物の保護、文化財や史跡の保全、資源の節約といったテーマが関連する場面で使います。

例えば、再生可能エネルギーの推進、節水キャンペーン、生物多様性の保全を議論する際によく登場します。

「conservation」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

環境保護や資源管理についての話題で使われることが多いです。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「conservation」をマスターしよう!

例文1

Wildlife conservation is essential for our planet.
野生生物の保護は私たちの惑星にとって不可欠です。

例文2

Water conservation is important during the drought.
干ばつの間は水の節約が重要です。

例文3

The museum is dedicated to the conservation of ancient artifacts.
その博物館は古代の遺物の保存に尽力しています。

「conservation」の発音をマスターしよう!

発音: ˌkɒnsərˈveɪʃn / コンサァーヴェイション この単語は4音節で構成されており、次のように発音されます: - con- :「コン」と発音されます。

"kɒn" と表記され、"k" の音に続く "ɒ"(オ)音があります。

- -serv- : 強勢がある音節で、「サァーヴ」と発音されます。

"sər" と表記され、"s" の音に続いて "ər"(アァー)音があります。

- -ation :「エイション」と発音されますが、標準的なアメリカ英語では "ˈveɪʃn" と表記されます。

"ʃn" は「ション」となります。

「conservation」の類義語はどんなものがある?

preservation 「preservation」は「conservation」と似ていますが、 preservationはものを元の状態に保つことを強調し、歴史的な建造物や食品の保存に使われることが多いです。

例文: The old building is under preservation.
和訳: その古い建物は保存のもとにあります。

「conservation」の対義語はどんなものがある?

exploitation 「exploitation」は資源や状況を最大限利用し、しばしば不当に使用することを意味します。

これは「conservation」の対義語で、保護や節約とは反対に、使用と消費を表します。

例文: The exploitation of natural resources has accelerated climate change.
和訳: 天然資源の過剰な利用が気候変動を加速させています。

「conservation」を語源から学んでみよう

「conservation」の語源は、ラテン語の「conservare(保つ、保護する)」から来ています。

この単語は、「con(共に)」と「servare(保存する、保護する)」の2つの語彙から形成されており、もともとは食品などの保存を意味していました。

conservationと似た語源をもつ単語には、preserve(保存する、保護する)、reserve(予約する、保持する)、observe(観察する)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,