文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「assign」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「assign」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「assign」の意味について1分で理解しよう!

「assign」とは、特定の仕事や責任、場所などを特定の人に割り当てることに使われる動詞です。

ネイティブスピーカーは「assign」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「assign」を、日常的に学校の宿題を割り当てる、職場でのタスク配分、会議室や座席の指定など、人や物事に特定の役割や場所を指定する多様な場面で使用します。

「assign」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階中3です。

日常的によく使用される単語で、学校や職場などで頻繁に使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「assign」をマスターしよう!

例文1

The teacher assigned us homework for the weekend.
先生は週末の宿題を私たちに割り当てた。

例文2

I was assigned a new project at work.
私は仕事で新しいプロジェクトを割り当てられた。

例文3

Seats will be assigned at the entrance.
入り口で席が指定されます。

「assign」の発音をマスターしよう!

発音記号:əˈsaɪn / アサイン この単語は2音節から成り立っており、最初の「ə」は音節の中で非強勢のために短くかつあいまいな「ア」として発音されます。

「saɪn」の部分は強勢があり「サイン」とはっきり発音します。

「assign」の類義語はどんなものがある?

allocate 「Assign」は個人や具体的な事例に対して割り当てることが多いですが、「allocate」はより一般的なリソースの配分や割り当てに使います。

例文: The government allocated funds for the new highway.
和訳: 政府は新しい高速道路のために資金を割り当てた。

「assign」の対義語はどんなものがある?

revoke 「Assign」は権限や任務を与えることに対して、「revoke」は与えられた権限や任務を取り消すことを意味します。

例文: The license was revoked due to the violation.
和訳: その違反により免許は取り消された。

「assign」を語源から学んでみよう

「assign」の語源はラテン語の「assignare」で、「as-(to)+ signare(to mark)」から派生しています。

これは「印をつけて指定する」ことに由来します。

同じ語源を持つ言葉には、「signature」(署名)、「sign」(印、記号、標識)、そして「designate」(指名する、指定する)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,