文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「assume」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「assume」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「assume」の意味について1分で理解しよう!

「assume」は動詞で、「想定する」、「仮定する」、「引き受ける」などの意味を持ちます。

何かが真実であると考えること、または責任や役割を負うことを指します。

ネイティブスピーカーは「assume」をどんな場面で使う?

ネイティブは「assume」を仕事でのプロジェクトやタスクの前提条件を設定する際や、日常会話で何かを当然と考える場合に使います。

また、新しい責任や役割を引き受ける際にもこの単語を使います。

「assume」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

中学生から高校生で学ぶことが多く、日常生活やビジネスの現場でも頻繁に使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「assume」をマスターしよう!

例文1

Assume that all doors are locked after midnight.
深夜には全てのドアが施錠されていると想定してください。

例文2

She assumed responsibility for the project.
彼女はそのプロジェクトの責任を引き受けました。

例文3

I assume youve already heard the news.
あなたはすでにそのニュースを聞いていると思います。

「assume」の発音をマスターしよう!

発音記号: /əˈsjuːm/ カタカナ読み: アスューム 音節を区切って「ア-シュー-ム」と発音します。

"əˈ" は非強勢のシュワ音、"s" の後に "j" が続くことで "シュ" となり、その後に長い "uː" 音があります。

最後の "m" はそのまま「ム」と発音されます。

「assume」の類義語はどんなものがある?

presume 「presume」は根拠に基づいて強く推測することを指します。

「assume」は通常、証拠が少ない状況で使用されます。

例文: I presume you are tired after the long trip.
和訳: 長旅の後で疲れているだろうと思います。

「assume」の対義語はどんなものがある?

disprove 「disprove」はある仮説や信念が間違っていることを証明することです。

「assume」は仮定することで、事実を立証することは含みません。

例文: The evidence provided manages to disprove the theory.
和訳: 提供された証拠によって、その理論が否定されました。

「assume」を語源から学んでみよう

「assume」はラテン語の「assumere」から来ています。

これは、「ad-」(to)と「sumere」(take)から成り、「何かを取る」という意味合いを持っています。

似た語源の単語には「consume」(消費する)や「resume」(再開する)などがあります。

これらはすべて「sumere」に関連する単語です。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,