文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「banquet」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「banquet」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「banquet」の意味について1分で理解しよう!

「banquet」は名詞で、「宴会」、「盛大な食事会」を意味し、特に公式な場や特別な行事で多くの人が集まり豪華な料理を食べるイベントを指します。

ネイティブスピーカーは「banquet」をどんな場面で使う?

ネイティブは「banquet」を使って、特別な出来事や式典の時に、多くの人が一堂に会して楽しむ豪華な食事会を指す時に使います。

例えば結婚式の披露宴や、企業の記念イベントなどが該当します。

「banquet」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

日常生活では特別な行事がある時に使われることがあります。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「banquet」をマスターしよう!

例文1

The annual company banquet was held at a luxurious hotel.
年次の会社の宴会は豪華なホテルで開催された。

例文2

They celebrated their wedding with a grand banquet.
彼らはグランドバンケットで結婚を祝った。

例文3

Guests were treated to a lavish banquet after the ceremony.
式の後でゲストは豪勢な宴会でもてなされた。

「banquet」の発音をマスターしよう!

発音記号: [ˈbæŋkwɪt] カタカナ読み: バンクウィット この単語は2音節で構成されており、第一音節である "ban-" は「バン」と強いアクセントで発音され、第二音節は "-quet" が「クウィット」と発音されます。

"qu" の音は "kw" のように発音される点に注意が必要です。

「banquet」の類義語はどんなものがある?

feast 「banquet」と「feast」はどちらもお祝いの食事会を意味しますが、「feast」はより広い意味を持ち、宗教的な祭りや感謝祭の食事なども含みます。

例文:The king held a great feast for his subjects.
和訳:王は臣民たちのために大宴会を開いた。

「banquet」の対義語はどんなものがある?

snack 「banquet」と対照的な「snack」は軽い食事や間食を意味し、豪華さや公式さはありません。

例文:I just need a quick snack before we go.
和訳:出かける前に軽いスナックを取るだけでいいです。

「banquet」を語源から学んでみよう

「banquet」の語源はフランス語の「banquet」から来ていて、もともとは「小さな(banque)や台」を意味していました。

時代と共にこれが食事をするための台と結びつき、現在の宴会を意味する言葉に発展しました。

似た語源の言葉には「bank」(銀行や土手)があります。

これらの単語も「banque」に由来しており、座る場所や金融機関としての役割を連想させる物体に関連しています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,