文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「capture」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「capture」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「capture」の意味について1分で理解しよう!

「capture」は名詞と動詞の両方で使われ、「捕らえる」、「確保する」、「魅了する」という意味です。

物や人を掴みとることから、感情や注意を引き付けることまで様々な場面で使用されます。

ネイティブスピーカーは「capture」をどんな場面で使う?

ネイティブは「capture」を動物や犯罪者を捕まえること、写真やビデオで瞬間を記録すること、または人の心や想像力を引きつける何かを説明する際に使います。

また、ゲームやスポーツでポイントやゴールを取る意味でも使われます。

「capture」の難易度は?一般的に使うの?

「capture」の難易度は10段階評価で3です。

比較的簡単な単語で、日常生活から専門的な分野まで広く使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「capture」をマスターしよう!

例文1

The photographer aimed to capture the beauty of the sunset.
その写真家は夕日の美しさを捉えようとした。

例文2

The police managed to capture the escaped prisoner.
警察は脱走した囚人を捕らえることに成功した。

例文3

The movie captured the audiences attention from start to finish.
その映画は最初から最後まで観客の注意を引きつけた。

「capture」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈkæp.tʃər/、カタカナ読み: キャプチャー この単語は2音節で、「キャ」で始まり、「プチャー」と続きます。

強勢は最初の音節に置かれ、「k」の音は少し硬く、第二音節の「チャー」は柔らかく発音されることが特徴です。

「capture」の類義語はどんなものがある?

「seize」は「捕らえる」や「つかむ」という意味もありますが、「急に力強く」イメージが強いです。

「Capture」は広い意味で用いられ、写真・映像での「捉える」や心を「魅了する」ことも指します。

例文: The soldier seized the enemys stronghold.
和訳: その兵士は敵の要塞を急襲して占領した。

「capture」の対義語はどんなものがある?

「release」は「解放する」、「放す」という意味で、「capture」と対照的です。

「Capture」は掴んでおく状態、「release」は手放すことです。

例文: The zoo decided to release the rare bird back into the wild.
和訳: 動物園はその珍しい鳥を野生に戻すことを決めた。

「capture」を語源から学んでみよう

「capture」はラテン語の「captura」から来ており、「captus」は「捕らえる」という意味の「capere」の過去分詞です。

この単語は「capable(有能な)」や「capacity(容量、能力)」のような単語と同じ語根を共有しており、「取る」「掴む」「持つ」といった意味合いがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,