文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「characteristic」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「characteristic」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「characteristic」の意味について1分で理解しよう!

「characteristic」は名詞および形容詞で、「特徴」、「特性」などの意味を持ちます。

ある対象が特有の性質や特徴を示す際に使われることが多いです。

ネイティブスピーカーは「characteristic」をどんな場面で使う?

ネイティブは「characteristic」という単語をある人物やもの固有の特性や振る舞いを表現したいときに使います。

たとえば、人物の外見や振る舞い、文化的な特徴、製品や物体のデザインや機能などについて説明する場面で使用されます。

「characteristic」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階中5です。

一般的な英会話や中学校の英語教育で習うため、親しみやすい単語です。

日常生活や学術的な場面で頻繁に使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「characteristic」をマスターしよう!

例文1

Blue eyes are a characteristic of that family.
青い目はあの家族の特徴です。

例文2

The building has several unique characteristics.
その建物にはいくつかの独特な特性があります。

例文3

He laughed in his characteristic way.
彼は彼特有の方法で笑いました。

「characteristic」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˌkærəktəˈrɪstɪk/、カタカナ読み: キャラクテリスティック この単語は5音節から成り、次のように発音されます: "kær-": 最初の部分は「キャラ」と発音され、"k" の後には "ær" の複合音があります。

"-ak-tə-": 第二部分は非強勢で、「クタ」と発音されますが、"k"と"t"の間はあいまいなシュワ音「ə」です。

"-rɪs-": 第三部分は強勢があり、「リス」とはっきり発音します。

"-tɪk":最後は「ティック」と音を切って発音します。

「characteristic」の類義語はどんなものがある?

Attribute (属性) - これは一般的にあるものの品質や機能に着目したときに使います。

Characteristic はそのものが示す独特な特徴を強調します。

例文: His cheerfulness is his main attribute.
和訳: 彼の明るさは彼の主な属性です。

「characteristic」の対義語はどんなものがある?

Uncharacteristic (特徴でない) - これはあるものにとって普通ではない、あるいは期待外れの品質を指します。

例文: Its uncharacteristic of her to be so late.
和訳: 彼女がこれほど遅れるのは珍しいことです。

「characteristic」を語源から学んでみよう

「characteristic」はギリシャ語の「kharakteristikos(特徴を示す)」に由来し、「kharakter(刻印された記号)」から来ています。

「character」(性格、特性)や「charisma」(カリスマ性)と同じ語源を共有しています。

これらも人の独特な性質や個性を表す際に使用されます。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,