文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「cite」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「cite」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「cite」の意味について1分で理解しよう!

「cite」は動詞で、「引用する」、「言及する」またはある出来事や著者を証拠や例として挙げることを意味します。

ネイティブスピーカーは「cite」をどんな場面で使う?

ネイティブは「cite」を主に書き言葉で使用し、特に学術的な著作や法的文書、正式なレポートなどで他の作品からの情報やデータを引用する際にこの単語を利用します。

「cite」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

多くの場合、学術的なテキストや法的な文書で用いられ、日常生活では頻繁に使われるわけではありません。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「cite」をマスターしよう!

例文1

She cited a famous philosopher in her essay.
彼女はエッセイで有名な哲学者を引用しました。

例文2

The lawyer cited previous court cases to support his argument.
弁護士は、自身の論点を支持するために以前の裁判例を引き合いに出しました。

例文3

The article cites several studies on climate change.
その記事は気候変動に関するいくつかの研究を引用しています。

「cite」の発音をマスターしよう!

発音記号: [saɪt] カタカナ読み: サイト この単語の発音は、1音節で構成されており、「サ」の音から始まり、アイ音を経て、最後に「ト」の音で締めくくります。

口を少し横に広げた「サ」の後には速い口の動きで「イト」と続きます。

「cite」の類義語はどんなものがある?

quote 類義語の「quote」も意味は似ていますが、「cite」よりも直接的な言葉や文章を引用する際に使用されます。

「quote」は会話の中やより非公式の文脈で使われることが多いです。

例文:Can you quote the lines from the movie? 和訳:その映画のセリフを引用できますか?

「cite」の対義語はどんなものがある?

misquote 対義語の「misquote」は、間違って引用することを意味します。

「cite」が正確に情報を引用することを指しているのに対し、「misquote」は誤って情報を伝えることを指します。

例文:The journalist was accused of misquoting the politicians speech.
和訳:そのジャーナリストは政治家のスピーチを誤引用したとして非難された。

「cite」を語源から学んでみよう

「cite」の語源は、ラテン語の「citare」に由来しており、「動かす」「促す」「呼び出す」を意味しています。

この語源には同じく「excite」(刺激する)や「recite」(朗読する)などの単語があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,