文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「concentrate」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「concentrate」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「concentrate」の意味について1分で理解しよう!

「concentrate」は動詞で、「集中する」、「凝縮する」の意味を持ちます。

注意力や思考を特定の活動や対象に向けること、または物質を濃縮することを指します。

ネイティブスピーカーは「concentrate」をどんな場面で使う?

ネイティブは学業、仕事、運動、瞑想など特定の活動に集中が必要な際に「concentrate」を使います。

また、食品や化学品を濃縮する文脈で使われることもあります。

「concentrate」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

基本的な単語で、日常生活や特定の作業時によく使います。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「concentrate」をマスターしよう!

例文1

I need to concentrate to finish my homework.
宿題を終えるために集中する必要があります。

例文2

The factory concentrates the juice for export.
その工場は輸出のためにジュースを濃縮します。

例文3

Concentrate on your breathing during yoga.
ヨガをしている間は呼吸に集中してください。

「concentrate」の発音をマスターしよう!

発音 /ˈkɒn.sən.treɪt/ コンセントレイト この単語は3音節で構成されており、次のように発音されます: con- : 最初の音節は「コン」と発音され、主に"ˈkɒn"と表記されます。

"k" の音に続いて "ɒ" の音があります。

-sen- : 中間の音節は「セン」と発音され、"sən"と表記されます。

"s" の音に続いて軽い "ə"(シュワ)音があります。

-treit : 最終音節は「トレイト」と発音され、"treɪt"と表記されます。

"t" の音に続いて "eɪ"音があり、その後に再度 "t" の音が続きます。

「concentrate」の類義語はどんなものがある?

「focus」は「集中する」という意味で使用されることが多く、「concentrate」の類義語です。

両単語はほぼ同じ意味で使われますが、「focus」のほうが注意力を狭く、鋭く定める感じがあります。

例文:When studying, its important to focus on the main concepts.
和訳:勉強するとき、主要な概念に注目することが大切です。

「concentrate」の対義語はどんなものがある?

「distract」は注意を引き離すことを意味し、「concentrate」の対義語です。

集中するのではなく、注意が散漫になる状況を指します。

例文:Loud noises tend to distract me when Im working.
和訳:作業中は、大きな騒音によく気が散ってしまいます。

「concentrate」を語源から学んでみよう

「concentrate」の語源はラテン語の「concentrare」です。

「con-」は「一緒に」という意味があり、「centre」は「中心」という意味があります。

よって、「中心にまとめる」という意味から来ています。

似た語源を持つ単語としては「central」(中央の)、「century」(世紀)、や「concentric」(同心の)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,