文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「coverage」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「coverage」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「coverage」の意味について1分で理解しよう!

「coverage」は名詞で、報道や情報の範囲、散布範囲、保険の恩恵を受ける範囲などを指す多義的な用語です。

ネイティブスピーカーは「coverage」をどんな場面で使う?

ネイティブは「coverage」を、ニュースの報道範囲について話すとき、携帯電話やWi-Fiのサービスエリアを説明する際に使用します。

また、保険の文脈で、保険がカバーする範囲を述べる際にもよく使われます。

「coverage」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

日常英会話から専門的な場面にわたり広く使われることがあります。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「coverage」をマスターしよう!

例文1

The health insurance provides wide coverage.
その健康保険は広範なカバレッジを提供しています。

例文2

Last nights game received extensive media coverage.
昨夜の試合は広範囲にメディアに取り上げられました。

例文3

The Wi-Fi coverage in this area is poor.
このエリアのWi-Fiのカバレッジは悪いです。

「coverage」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈkʌv.ər.ɪdʒ/ カタカナ読み: カヴァリジ 「coverage」は3音節で構成されており、最初の音節「cov-」は「カヴ」と発音されます。

第二音節の「-er-」は「ァ」と短く軽く発音され、「-age」は「リジ」と発音します。

強勢は最初の音節に置かれます。

「coverage」の類義語はどんなものがある?

reporting 「Coverage」は報道で取り扱う範囲を指すが、「reporting」は報告された事実や情報の提供を意味する。

例文: The journalist focused on accurate reporting.
和訳: そのジャーナリストは正確な報告に焦点を当てた。

「coverage」の対義語はどんなものがある?

exclusion 「Coverage」は含まれる範囲を指すが、「exclusion」は除外された範囲または対象を意味する。

例文: This behavior warrants exclusion from the policy coverage.
和訳: この行動は保険適用範囲からの除外を正当化する。

「coverage」を語源から学んでみよう

「coverage」の語源は、動詞「cover」から派生し、「-age」という名詞形成接尾辞が加わっています。

語源としては、古フランス語の「coveir」から来ており、最終的にラテン語の「cooperire」に遡ります。

これは、「co-」(一緒に)と「operire」(覆う)の結合から成り、「完全に覆う」という意味です。

類似の語源を持つ単語には「coverage」から派生した「cover」や「discover」(発見する)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,