文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「cuisine」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「cuisine」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「cuisine」の意味について1分で理解しよう!

「cuisine」は名詞で、特定の地域や国に特有の料理のスタイルや方法、またはそのような料理自体を指します。

料理法や料理文化を含む広い意味を持つことがあります。

ネイティブスピーカーは「cuisine」をどんな場面で使う?

ネイティブ英語話者は「cuisine」という単語を使って、特定の地域や国の料理スタイルについて話したり、そのような料理を楽しむ時に言及することが多いです。

また、料理関連の番組や記事、レシピの説明などで使用されます。

「cuisine」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

日常会話や料理、旅行関連のテーマでよく使われるため、様々なシーンで耳にすることがあります。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「cuisine」をマスターしよう!

例文1

I really enjoy Italian cuisine.
私はイタリア料理がとても好きです。

例文2

The restaurant is famous for its authentic Japanese cuisine.
そのレストランは本格的な日本料理で有名です。

例文3

French cuisine uses a lot of butter and wine in cooking.
フランス料理には、料理する際にたくさんのバターとワインが使われます。

「cuisine」の発音をマスターしよう!

発音記号: [kwiˈzin] /クイジーン/ "cuisine"は2音節で、「kwi」と「zin」に分けられます。

第一音節の「kwi」では、くっきりと"k" の音が最初にきて、「wi」では短い "w" と「i」の音が続きます。

第二音節の「zin」は、「ジーン」と発音され、鼻に響く "n" で終わります。

強勢は「zin」に置かれます。

「cuisine」の類義語はどんなものがある?

gastronomy 「gastronomy」は一般的に料理術全般や食文化、食に関する研究を意味し、より学術的または芸術的なニュアンスがあります。

例文: He has a passion for gastronomy.
和訳: 彼は食の研究に情熱を傾けています。

「cuisine」の対義語はどんなものがある?

fast food 「cuisine」が独特な料理技法や高いレベルの料理文化を示すのに対し、「fast food」は早くて簡単な準備の食事を指すため、料理法の深さや繊細さがない点で対照的です。

例文: Rather than fast food, I prefer gourmet cuisine.
和訳: ファストフードよりも、私はグルメな料理を好みます。

「cuisine」を語源から学んでみよう

「cuisine」はフランス語から由来しており、キッチンや料理を意味するフランス語「cuisine」に原型があります。

これはラテン語の「coquina」(キッチン)から派生したもので、「coquere」(料理する)が更にその起源である。

類似の語源を持つ他の単語としては「cook」(料理する)や「kitchen」(キッチン)が挙げられます。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,