文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「dedicated」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「dedicated」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「dedicated」の意味について1分で理解しよう!

「dedicated」は形容詞で、「特定の目的や任務に専念する」、「献身的な」、「専用の」という意味を持ちます。

ネイティブスピーカーは「dedicated」をどんな場面で使う?

ネイティブは「dedicated」を使用する場面として、特定の活動や原因、職務などに本気で取り組んでいる様子を表現する際に用います。

専用の機械や部屋に言及するときなど、特定の目的のために割り当てられたものを指すときも使われます。

「dedicated」の難易度は?一般的に使うの?

dedicatedの難易度は10段階評価で5です。

日常会話でしばしば使われ、ビジネスの現場や専門的な分野でもよく用いられます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「dedicated」をマスターしよう!

例文1

She is dedicated to her research.
彼女は研究に専念しています。

例文2

This computer is dedicated to video editing.
このコンピューターはビデオ編集専用です。

例文3

Hes dedicated his life to teaching.
彼は生涯を教育に捧げています。

「dedicated」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈdedɪˌkeɪtɪd/、カタカナ読み: デディケイティド この単語は「デディ」の部分で強勢を置き、「ディ」の母音は比較的短く発音します。

強勢音節の後の「ケイティド」はより速めに発音し、「ド」は軽く発音します。

「dedicated」の類義語はどんなものがある?

devotedと比べて、dedicatedは一般に特定の職務や目的に自らを捧げることを意味することが多いです。

例文: She is devoted to her family.
和訳: 彼女は家族に献身的です。

「dedicated」の対義語はどんなものがある?

indifferent は関心や熱意がないことを意味し、dedicatedとは反対の態度を示します。

例文: He is indifferent to his work.
和訳: 彼は仕事に無関心です。

「dedicated」を語源から学んでみよう

「dedicated」の語源はラテン語の「dedicare」に由来し、「献身的に捧げる」や「専用にする」といった意味があります。

同様の語源をもつ言葉には dedication(献身)、dedicatee(献名された人)、dedicator(献身者)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,