文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「flaw」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「flaw」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「flaw」の意味について1分で理解しよう!

「flaw」は名詞で、「欠点」、「瑕疵」(けっし)、「障害」といった意味を持つ単語であり、何かが完璧でない状態や物事、性格などに存在する問題点を指します。

ネイティブスピーカーは「flaw」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは通常、「flaw」を人物の性格特性の欠点を示すときや、商品のレビューで小さな問題点を指摘するときなど、日常会話で多用します。

「flaw」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階評価で5です。

日常会話やレビュー、評価などの際に頻繁に使用されます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「flaw」をマスターしよう!

例文1

This cup has a small flaw on its handle.
このカップの取っ手に小さな瑕疵があります。

例文2

Every person has their flaws and strengths.
すべての人には彼らの欠点と強みがあります。

例文3

The plan was good, but there was one major flaw.
計画は良いものだったが、一つ重大な欠点があった。

「flaw」の発音をマスターしよう!

発音記号: [flɔː] カタカナ読み: フロー 発音の解説: 「flaw」は1音節で、始めの「f」の音を軽く唇で作ります。

「l」の音は舌を上歯の裏に軽くつけて、そして「ɔː」の音は口を少し丸めて長い「オー」という音を出します。

「flaw」の類義語はどんなものがある?

defect(欠陥)という類義語に比べて、「flaw」はより軽度な問題や不完全さを指すことが多いです。

「defect」は通常、より重大な問題や制品の機能に影響を与える欠陥を表します。

例文: The product was returned due to a manufacturing defect.
和訳: その製品は製造上の欠陥があったため返品された。

「flaw」の対義語はどんなものがある?

perfection(完璧)は「flaw」の対義語であり、欠点や問題が一切ない状態を意味します。

例文: Her recital was perfection, without a single flaw.
和訳: 彼女のリサイタルは完璧で、一つの瑕疵もありませんでした。

「flaw」を語源から学んでみよう

「flaw」は中古英語の「flawen」(突然の突風)から派生し、最終的に「瑕疵」や「欠点」という意味へと変わりました。

同じ語族には「flawed」(欠陥のある)、また「flawless」(完璧な、無傷の)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,