文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「florist」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「florist」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「florist」の意味について1分で理解しよう!

「florist」は名詞で、花や植物を扱う専門家、または花屋を指します。

花や関連商品を販売する人や店のことを言います。

ネイティブスピーカーは「florist」をどんな場面で使う?

ネイティブは「florist」を主に特別な日やイベントで花を購入する際に使います。

また、趣味で園芸を楽しむ人が専門家のアドバイスを求めるときにも使用します。

「florist」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常会話や趣味に関連する文脈でよく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「florist」をマスターしよう!

例文1

I bought a bouquet from the local florist for my mothers birthday.
母の誕生日に地元の花屋で花束を買いました。

例文2

The florist arranged the flowers beautifully for the wedding.
その花屋は結婚式用に美しく花を生けました。

例文3

He decided to become a florist because he loves plants and design.
彼は植物とデザインが好きなので、フローリストになることにしました。

「florist」の発音をマスターしよう!

発音: ˈflɔːr.ɪst/フローリスト この単語は2音節で構成されており、次のように発音されます: - flor- : 最初の音節は「フロー」と発音されます。

"flɔː" と表記され、"fl" の音に続いて長い "ɔː"(オー)音があります。

- -ist : 最後の音節は「リスト」と発音され、"ɪst" と表記されます。

"ɪ"(イ)音に続いて "st" の音が続きます。

「florist」全体の発音は、"ˈflɔː-rɪst" となります。

「florist」の類義語はどんなものがある?

botanist 「florist」と「botanist」はどちらも植物に関連する職業ですが、「florist」は商業的に花を販売する人を指し、「botanist」は植物学者、つまり植物について科学的な研究をする人を指します。

例文:She is a botanist studying the effects of climate change on plants.
和訳:彼女は植物に対する気候変動の影響を研究している植物学者です。

「florist」の対義語はどんなものがある?

There is no direct antonym for "florist," as it denotes a specific occupation dealing with flowers.
The opposite would effectively be someone who does not work with flowers or plants, such as a mechanic or a software developer, but these are not antonyms in the traditional sense.

「florist」を語源から学んでみよう

「florist」は1630年代に遡り、フランス語で「花」という意味の「fleur」に由来します。

これはラテン語の「floris」から来ており、そこから英語の「floral」(花に関する)、「flourish」(繁栄する)、そして「flower」(花)などの単語が生まれています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,