文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「impose」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「impose」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「impose」の意味について1分で理解しよう!

「impose」は動詞で、「(人に)強制する」、「押しつける」といった意味を持ちます。

また、課税する、負担をかけるなどの意味もあります。

ネイティブスピーカーは「impose」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「impose」を、個人が自分の意見や信念、ルールを他人に強制したいとき、または政府や組織が新しい法律や税を設けたときなどに使用します。

「impose」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

中学生や高校生のレベルで学び、日常会話でもビジネスの場面でも使われることがあります。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「impose」をマスターしよう!

例文1

Dont impose your views on others.
他人に自分の考えを押しつけないでください。

例文2

The government imposed a new tax on tobacco.
政府はタバコに新しい税金を課した。

例文3

Can I impose on you for a ride to the station? 駅までの乗り物を頼んでもいいですか?

「impose」の発音をマスターしよう!

発音 ɪmˈpoʊz/イムポウズ この単語は2音節で構成されており、次のように発音されます: im- : 最初の音節は軽く「イム」と発音され、「ɪm」と表記されます。

「i」の短い音の後に「m」の音が続きます。

-pose : 第二音節は強勢音節で、「ポウズ」と発音され、「poʊz」と表記されます。

「p」の音の後に長い「oʊ(オウ)」音があり、「z」の音で終わります。

全体では、「イムポウズ」と発音されます。

強勢は「-pose」に置かれます。

「impose」の類義語はどんなものがある?

enforce 「enforce」は法律などを強行することを意味するのに対し、「impose」はもっと広義で自分の意志を他者に強いることを指します。

例文:The police enforced the curfew.
和訳:警察は夜間外出禁止令を強制した。

「impose」の対義語はどんなものがある?

lift 「lift」は規制や制限を取り除くことを意味し、「impose」が負担や制約を設けることを意味するため対照的です。

例文:The government decided to lift trade restrictions.
和訳:政府は貿易制限を撤廃することを決めた。

「impose」を語源から学んでみよう

「impose」の語源はラテン語の「imponere」で、「~に置く」、「課す」という意味です。

「im-」は「in」から派生して「に」を意味し、「-ponere」は「置く」を意味します。

似た語源を持つ単語には「compose」(組み立てる)、「depose」(退位させる)、そして「expose」(さらす)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,