文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「incident」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「incident」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「incident」の意味について1分で理解しよう!

「incident」は名詞で、「出来事」、「(特に)不慮の出来事、事件」という意味を持ちます。

予期しない出来事やトラブル、小さな事故など、日常から逸脱した何らかの出来事を指すことが多いです。

ネイティブスピーカーは「incident」をどんな場面で使う?

ネイティブは「incident」を、特定のイベントや場面で起こった出来事、特に予期せぬ出来事や状況を話す際に使います。

この言葉はニュースレポートや日常会話で、何らかのトラブルやややネガティブな出来事を指して使用されることが多いです。

「incident」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

初中級程度の英語学習者が覚える基本的な単語で、日常会話やニュースで頻繁に使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「incident」をマスターしよう!

例文1

The police are investigating the incident that occurred last night.
警察は昨夜起きた事件を調査しています。

例文2

Several incidents of theft have been reported in the area.
その地域では、数件の窃盗事件が報告されています。

例文3

No serious incidents were reported during the festival.
お祭りの間、深刻な事件は報告されませんでした。

「incident」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈɪnsɪdənt/(インシデント) カタカナ読み: インシデント 発音の解説:  イン - 最初の音節は強勢で、短い「イ」の音に「ン」が続きます。

 シ - 第二音節は「シ」と発音されます。

 デント - 最後の音節は、「デント」と発音され、ここでは最初の「ト」の音が最も強くなります。

「incident」の類義語はどんなものがある?

「event」と「occurrence」はいずれも「出来事」を指しますが、「incident」はしばしばネガティブな意味合いの出来事やトラブルを指します。

例文: An unfortunate incident disrupted the ceremony.
和訳: 不運な出来事が儀式を中断させた。

「incident」の対義語はどんなものがある?

「normality」や「routine」は日常的な、普通の状態や繰り返される活動を指します。

これらは「incident」の対義語といえます。

例文: Life returned to normality after the incident was resolved.
和訳: 事件が解決された後、生活は通常通りに戻った。

「incident」を語源から学んでみよう

「incident」の語源は、ラテン語の「incidere」(偶発すること、起こること)から来ています。

「in-」(内へ)と「-cadere」(落ちる)に由来します。

同じ語源を持つ単語としては「coincidence」(偶然の一致)、 「accident」(事故)、または「decadent」(衰退した)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,