文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「interfere」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「interfere」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「interfere」の意味について1分で理解しよう!

「interfere」は動詞で、「干渉する」、「邪魔をする」という意味を持ちます。

何らかのプロセスや活動に望ましくない方法で影響を与えたり、妨げたりすることを指します。

ネイティブスピーカーは「interfere」をどんな場面で使う?

ネイティブは「interfere」を使用して、誰かが不必要に他人の事に首を突っ込む、または計画や行動を妨害するときに使います。

プライバシーの侵害や自立に対する制限も示唆します。

「interfere」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

日常的な会話においてある程度使われる単語で、人と人との関係性などを話す際に使用します。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「interfere」をマスターしよう!

例文1

Please dont interfere with my work.
私の仕事に干渉しないでください。

例文2

I wont let anyone interfere with my plans.
私は誰にも計画を邪魔させません。

例文3

Can you interfere less with the kids arguments? 子供たちの口論にもう少し干渉しない?

「interfere」の発音をマスターしよう!

発音記号 ˌɪntərˈfɪr/インターフィアー この単語は3音節で構成されており、「inter-」の部分は「インター」と発音され、「-fere」の部分は「フィアー」と発音されます。

強勢は「-fere」の音節に置かれ、この音節をはっきりと発音することが重要です。

「interfere」の類義語はどんなものがある?

「interfere」は、望ましくない形で影響を与える意味です。

「meddle」も同様に干渉する意味ですが、より余計なお世話をする感じが強いです。

例文: Stop meddling in my business! 和訳: 私のことに口出しするのはやめて!

「interfere」の対義語はどんなものがある?

「aid」は援助することで、「interfere」とは反対に他者に好影響を与えます。

例文: I will aid you with your project.
和訳: 私はあなたのプロジェクトを手伝います。

「interfere」を語源から学んでみよう

「interfere」の語源は、ラテン語の「interferre」から来ており、「間に割って入る」や「被る」といった意味を持ち、「inter-(間に)」+「ferre(持って行く、運ぶ)」から成っています。

似た語源を持つ単語として「intermediate(中間の)」や「interject(間に挿入する)」などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,