文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「journal」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「journal」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「journal」の意味について1分で理解しよう!

「journal」は名詞で、「日誌」や「専門誌」などの意味を持ちます。

日々の出来事を記録する個人的なものから、学術的な記事が掲載される公式な出版物まで幅広く指します。

ネイティブスピーカーは「journal」をどんな場面で使う?

ネイティブは、「journal」を自分の経験や出来事を記録する個人的な文脈や、研究記事や論文が掲載される学術雑誌といったより公式な文脈で使うことがあります。

「journal」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

学生や学術関係者の間では日常的に使用されますが、一般的にはそこまで頻繁には使われないかもしれません。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「journal」をマスターしよう!

例文1

She writes in her journal every night.
彼女は毎晩日記を書いています。

例文2

The latest research was published in a science journal.
最新の研究が科学雑誌に掲載されました。

例文3

I prefer reading journals to magazines for accurate information.
正確な情報のために、私は雑誌よりも専門誌を読むことを好みます。

「journal」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈʤɜːrnəl/ カタカナ読み: ジャーナル この単語は2音節で構成されており、最初の音節 journ (/ˈʤɜːrn/) は「ジャーン」と発音され、al (/əl/) は「ル」と軽く発音します。

強勢は journ の部分にあります。

「journal」の類義語はどんなものがある?

「diary」は個人が日々の出来事や感情を記録するために使われます。

一方、「journal」は個人の日記または学術的な記事が載っている出版物の両方を指します。

例文: He keeps a diary of his travels.
和訳: 彼は旅行の日記をつけています。

「journal」の対義語はどんなものがある?

「journal」の対義語は特にありませんが、「oral history」などが反対の概念を表します。

これは話し言葉で伝えられる歴史で、書かれた記録ではありません。

例文: The tribes customs are passed down through oral history.
和訳: その部族の慣習は口承で受け継がれています。

「journal」を語源から学んでみよう

「journal」の語源はフランス語の「journal」から来ており、これがさらにラテン語の「diurnalis」に由来します。

これは「日々の」という意味です。

日々、毎日という概念に基づいた言葉で、「journalism」(ジャーナリズム)や「journalist」(ジャーナリスト)といった関連語があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,