文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「latter」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「latter」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「latter」の意味について1分で理解しよう!

「latter」は名詞または形容詞として使われ、「後者の」、「後半の」などを意味します。

比較される2つの中で第二の項目、または言及された順序における後半を指します。

ネイティブスピーカーは「latter」をどんな場面で使う?

ネイティブは「latter」を2つの要素、出来事、選択肢などを比較したり区別したりする際に用います。

比較や選択肢について話す場面でよく使われます。

「latter」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常的に使われる単語であり、比較や選択を話題にする際によく用いられます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「latter」をマスターしよう!

例文1

I prefer the latter option.
私は後者の選択肢の方が好きです。

例文2

Of the two suggestions, the latter makes more sense.
2つの提案のうち、後者の方が理にかなっています。

例文3

She spoke of her childhood and the latter years.
彼女は自分の幼少期と後年について語った。

「latter」の発音をマスターしよう!

発音 ˈlætər/ラッター この単語は2音節で、"læt-" の部分は "ラット" のように発音し、"ər" の部分は "アー" と発音します。

強勢は最初の "læt-" に置かれます。

「latter」の類義語はどんなものがある?

"second" は「2番目の」という意味で、「後者」と似ていますが、順序の中の正確な位置に焦点を当てます。

例文:Of the two options, I will take the second.
和訳:2つの選択肢の中で、私は2番目のを取ります。

「latter」の対義語はどんなものがある?

"former" は「前者の」という意味で、「2つの項目のうちの先に言及されたもの」を指します。

例文:Between coffee and tea, I prefer the former.
和訳:コーヒーと紅茶の間では、私は前者を好む。

「latter」を語源から学んでみよう

「latter」の語源は古英語の "lætra" から来ており、これは「遅い」や「後の」を意味する "late" の比較級に由来しています。

「later」、「latest」、「latecomer」などは同じ語源を持つ言葉です。

これらの単語はすべて時間的な遅れや後ろに位置することを指し示しています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,