文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「manuscript」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「manuscript」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「manuscript」の意味について1分で理解しよう!

「manuscript」は名詞で、手書きやタイピングで作成された原稿、文書、または書籍の草稿を指します。

また、出版される前の本の形を持つ文書も指すことがあります。

ネイティブスピーカーは「manuscript」をどんな場面で使う?

ネイティブは学術環境、出版業界、または創作活動をしている場合に「manuscript」という単語をよく使います。

原稿の作成、提出、出版過程に関連して話をする際に使われることが多いです。

「manuscript」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

大学や専門的な環境で使われることが多く、日常生活ではそこまで一般的ではありません。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「manuscript」をマスターしよう!

例文1

She submitted the manuscript to the publisher.
彼女は出版社に原稿を提出した。

例文2

The manuscript is being reviewed by the editor.
原稿は編集者によって査読されています。

例文3

Ancient manuscripts were often handwritten on parchment.
古代の手稿はしばしば羊皮紙に手書きされていた。

「manuscript」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈmæn.juˌskrɪpt/ カタカナ読み: マンユスクリプト 英語では、"man-"の部分に強勢があり、「マン」と言います。

次の"ju-"は、「ユ」、"-script"は「スクリプト」と発音されます。

「manuscript」の類義語はどんなものがある?

「draft」という類義語は、仕上がりに近づいた文章の非最終版、概ね完成形の内容を意味します。

「manuscript」は原稿全般を指し、必ずしも完成形ではない場合も含まれます。

例文: He wrote several drafts before finalizing the manuscript.
和訳: 彼は原稿を完成させる前に、いくつかのドラフトを書いた。

「manuscript」の対義語はどんなものがある?

「published work」という対義語は、出版され、公表された作品を指します。

一方で「manuscript」は、まだ出版されていない状態の作品を指します。

例文: The manuscript became a published work after a year.
和訳: その原稿は1年後に出版された作品となった。

「manuscript」を語源から学んでみよう

「manuscript」の語源は、ラテン語の「manus」(手)と「scriptus」(書かれた)から来ています。

これは、手で書かれた文書を意味するものです。

似た語源の言葉: manual(手動の)、manufacture(製造する)、script(台本、筆記体)。

これらの単語も「manus」から派生し、手や作成の意味合いが含まれています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,