文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「outcome」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「outcome」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「outcome」の意味について1分で理解しよう!

「outcome」は名詞で「結果」、「成果」などの意味を持ちます。

何らかの出来事や行動の終わりに生じる結論や成り行きを指します。

ネイティブスピーカーは「outcome」をどんな場面で使う?

ネイティブは「outcome」を、仕事のプロジェクトの結果を話すときや、スポーツの試合、選挙、医療の診断結果など、さまざまなシチュエーションで結果を伝えたり議論したりする際に使用します。

「outcome」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

日常的な会話やニュース、学術的な文書など幅広い場面で使われる一般的な単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「outcome」をマスターしよう!

例文1

The outcome of the election was unexpected.
選挙の結果は予想外だった。

例文2

We are waiting for the outcome of the meeting.
私たちは会議の結果を待っている。

例文3

The experiment had a successful outcome.
実験は成功した結果に終わった。

「outcome」の発音をマスターしよう!

発音記号: /ˈaʊtkʌm/ カタカナ読み: アウトカム アウトカムと発音されます。

"ˈaʊt-"はイギリス英語口調では「アウ」と声を強めて発音し、"-kʌm"は「カム」と穏やかに発音します。

強勢は最初の「アウ」にあります。

「outcome」の類義語はどんなものがある?

result 「result」も「結果」を意味しますが、事態の成り行きよりも何かの処理や計算の明確な結論を指す場合が多いです。

例文: The results of the survey will be published next week.
和訳: 調査結果は来週公表されます。

「outcome」の対義語はどんなものがある?

cause 「cause」は「原因」を意味し、「outcome」とは反対に、ある出来事が起こる理由やきっかけを指します。

例文: Bad weather was the primary cause of the traffic delay.
和訳: 悪天候が交通遅延の主な原因でした。

「outcome」を語源から学んでみよう

「outcome」は古英語の「utian」(出ること)と「cuman」(来ること)から派生した言葉です。

「come」は「来る」という意味の英語動詞で、「outcome」は事態が「どうなって」終わるかを指します。

類似した語源を持つ単語には、「income」(収入、到着するお金)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,