文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「overview」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「overview」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「overview」の意味について1分で理解しよう!

「overview」は名詞で、「概要」、「総括」、「全体像」といった意味を持ちます。

個々の詳細ではなく、ある物事の大まかな内容や構造を把握することを指します。

ネイティブスピーカーは「overview」をどんな場面で使う?

ネイティブは新しいトピックやプロジェクトを紹介する時、初めて話題にする時、あるいは話を簡単にまとめる際など、多様な場面で「overview」を使います。

「overview」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常的な英会話やビジネスシーンにおいてよく使われる単語で、比較的簡単に理解可能な単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「overview」をマスターしよう!

例文1

The meeting began with an overview of the project.
会議はプロジェクトの概要説明から始まりました。

例文2

Please give me an overview of the report before we dive into details.
詳細に入る前に報告書の概要を教えてください。

例文3

The brochure provides an overview of the various services offered.
そのパンフレットには、提供されるさまざまなサービスの概要が記載されています。

「overview」の発音をマスターしよう!

発音: /ˈoʊ.vər.vjuː/ オウヴァヴュー この単語は3音節で構成され、1つ目の音節"ˈoʊ"は「オウ」と長めに発音する。

2つ目の音節".vər"は「ヴァ」と発音。

3つ目の音節"vjuː"では「ヴュー」と「j」音を含んだ発音で、強勢が置かれます。

「overview」の類義語はどんなものがある?

「summary」は似たような意味で使われるが、通常はより短く要約されていることを示します。

「overview」は全体的な理解を提供するのに対し、summaryはより簡潔なものです。

例文: He read a summary of the book instead of the entire text.
和訳: 彼は本全体を読む代わりに、その要約を読みました。

「overview」の対義語はどんなものがある?

最も直接的な対義語はありませんが、「detail」は「overview」に反対されることが多い語で、詳細さを強調します。

例文: After giving an overview, she started explaining every detail of the plan.
和訳: 概要を説明した後、役計画の細部を説明し始めました。

「overview」を語源から学んでみよう

「overview」は、「over」(上に)と「view」(見る)の組み合わせから成り立っており、14世紀ごろに中英語から生まれた言葉です。

同じ語源から派生した言葉には「overlook」(見落とす・監督する)や「survey」(調査する)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,