文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「patronage」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「patronage」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「patronage」の意味について1分で理解しよう!

「patronage」は名詞で、保護や支持、特に芸術や商売への資金提供者による支持を指します。

また、公的な仕事や契約を授けること、そしてそのような慣習を指す場合もあります。

ネイティブスピーカーは「patronage」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「patronage」を、人や組織の支援や後援を説明するときに使用します。

特に、文化的な施設やイベント、政治的な文脈でプロジェクトや個人への支持や認可を表す際に使われます。

「patronage」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で7です。

一般的な会話で日常的に使用されることは少なく、ビジネスや文学の文脈、特に支援や資金援助、政治におけるポストの任命などに関連した専門的な話題でよく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「patronage」をマスターしよう!

例文1

The museum survived thanks to the patronage of several wealthy donors.
その博物館は、いくつかの裕福な寄付者の後援のおかげで存続している。

例文2

She felt honored to have received the patronage of the celebrated author for her research.
彼女はその研究に著名な作家からの支援を受けたことを光栄に感じた。

例文3

The restaurant flourished under the patronage of the local community.
そのレストランは地域社会の支持を受けて繁盛した。

「patronage」の発音をマスターしよう!

発音 ˈpeɪtrənɪdʒ/ペイトゥロニッジ この単語は3音節で構成されており、次のように発音されます:   pey- : 最初の音節は「ペイ」と発音され、"ˈpeɪ-" と表記されることが多いです。

  -tron- : 第二音節は「トゥロン」と発音されます。

"trən" と表記されることが多く、"r" の音は軽く発音されます。

  -idge : 最後の音節は「ニッジ」となり、"ɪdʒ" と表記されます。

ここでは "dʒ" の音(ジャ行の音)をはっきりと発音します。

「patronage」の類義語はどんなものがある?

sponsorship 「sponsorship」は「patronage」と似ていますが、特に金銭的な支援を意味します。

「patronage」はより広い支援、特に芸術分野における支援を含むこともあります。

例文: The event was a success due to generous sponsorship from local businesses.
和訳: そのイベントは地元企業からの豊富なスポンサーのおかげで成功した。

「patronage」の対義語はどんなものがある?

opposition 「opposition」は何かに対して抵抗や反対する意味で、「patronage」とは正反対の概念です。

「patronage」が支援を示すのに対し、「opposition」は反対や敵視する態度を示します。

例文: The new policy faced significant opposition from the public.
和訳: 新しい政策は公衆から大きな反対に直面した。

「patronage」を語源から学んでみよう

「patronage」の語源は、ラテン語の 「patronus」 から来ています。

これは「後援者」や「保護者」という意味を持ち、「patron」(後援者)も同じ語源を持っています。

この語根は、paternity(父性)やpatriarch(家長)など、保護や支配を表す他の英語にも見られます。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,