文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「stem」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「stem」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「stem」の意味について1分で理解しよう!

「stem」は名詞としては「(植物の)茎」や「(グラスやパイプなどの)脚、柄」を意味する単語です。

また動詞としては「由来する」や「止める、封じる」という意味で使われます。

ネイティブスピーカーは「stem」をどんな場面で使う?

「stem」という単語は、植物の部分を指す時や、特定の問題や事柄がある原因から生じていると説明する際に使われることが多いです。

また、物事や状況をコントロールしようとする文脈で「止める」や「封じる」という意味で使われることもあります。

「stem」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常でよく使用される単語であり、名詞としての意味は小学校レベル、動詞としては少し上の中学校レベルで学ぶことが多いです。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「stem」をマスターしよう!

例文1

She cut the stem of the flower with scissors.
彼女はハサミで花の茎を切りました。

例文2

The problem stems from a lack of communication.
問題はコミュニケーション不足に由来しています。

例文3

Efforts were made to stem the spread of the disease.
病気の拡散を食い止めるための努力がなされました。

「stem」の発音をマスターしよう!

発音記号: [stem] /ステム/ 「stem」という単語は1音節で構成されており、「ストップト」と言われる破裂音の「s」で始まり、「t」で続きます。

ヴォーカルは「e」で、これは「エ」の音に相当します。

最後に軽い「m」音で終わります。

「stem」の類義語はどんなものがある?

同種の単語に「stalk」という言葉があります。

「stalk」も植物の「茎」を意味しますが、「stalk」はより太くて強い茎、特に穀物の茎を指す傾向にあります。

例文: The wheat stalks are tall and strong.
和訳: 小麦の茎は高くて丈夫です。

「stem」の対義語はどんなものがある?

動詞としての「stem」の対義語は「encourage」(促進する)になります。

「stem」が何かを止めることを示すのに対し、「encourage」は何かを促進する、支援する意味があります。

例文: The government policies encourage economic growth.
和訳: 政府の政策は経済成長を促進します。

「stem」を語源から学んでみよう

「stem」という単語の語源は古英語の「stefn」または古ノルド語の「stamn」に由来し、樹木の主要な部分を意味しました。

似た語源を持つ言葉には「stand」(立つ)や「stamen」(植物の雄蕊)があります。

これらはみな、立っている、支えているという共通の概念に関連しています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,