文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「surpass」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「surpass」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「surpass」の意味について1分で理解しよう!

「surpass」は動詞で、「超越する」、「上回る」という意味を持ちます。

標準、期待、またはレコードなどを超えることを指します。

ネイティブスピーカーは「surpass」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「surpass」を学術の文脈、例えば研究結果が先行研究を上回ると言いたい時や、スポーツの成績が過去の記録を超越すると述べる時に使います。

また、個人の成長や進歩について語るときにも使用されます。

「surpass」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

日頃から慣れ親しんでいる単語ですが、日常生活よりもビジネスや学術の文脈でよく用いられます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「surpass」をマスターしよう!

例文1

He hopes to surpass the record this season.
彼は今シーズンに記録を超えることを望んでいます。

例文2

Her performance easily surpassed our expectations.
彼女のパフォーマンスは簡単に私たちの期待を上回りました。

例文3

The latest model surpasses its predecessor in speed and efficiency.
最新モデルは速度と効率で前モデルを超えています。

「surpass」の発音をマスターしよう!

発音記号: /sərˈpæs/, /sɜːˈpɑːs/ カタカナ読み: サーパス この単語は2音節で構成されており、「サー」と「パス」の2つの部分からなります。

「サー」の部分では/sər/と発音し、弱い母音「ə」が「r」で終わるため、アメリカ英語でよく見られる「er」サウンドになります。

「パス」の部分では「æ」の短い"a"サウンドを伴っています。

「surpass」の類義語はどんなものがある?

「exceed」は「surpass」と同じく何かを上回る意味を持ちますが、「exceed」は設定された限界や規準を超えることを特に指します。

例文: His speed exceeded the limit.
和訳: 彼のスピードは制限を超えた。

「surpass」の対義語はどんなものがある?

「fall behind」は「surpass」とは反対に、期待、速度、または他者と比較して遅れをとることを意味します。

例文: He began to fall behind in his studies.
和訳: 彼の学習は遅れ始めた。

「surpass」を語源から学んでみよう

「surpass」の語源はフランス語の「surpasser」から来ており、「sur-」は「上に」という意味、「passer」は「通る、越える」という意味を持っています。

中世フランス語やラテン語の「passare」がその起源です。

似た語源をもつ言葉としては「surmount」(克服する)や「surplus」(余剰)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,