文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「technician」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「technician」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「technician」の意味について1分で理解しよう!

「technician」は名詞で、「技術者」や「技術職の専門家」を指し、特定の技術や技能を有し、科学的または工業的な分野で働く人のことです。

ネイティブスピーカーは「technician」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「technician」を仕事の専門技術者や、特定の分野(例えばIT、医療、自動車整備など)で働く職人や専門家を指す際に使います。

教育や業界関連のコンテキストでよく登場します。

「technician」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

基本的なビジネス用語なので、職場や技術に関する話題でよく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「technician」をマスターしよう!

例文1

The computer technician repaired my laptop.
コンピューター技術者が私のノートパソコンを修理しました。

例文2

She is training to become a medical laboratory technician.
彼女は医療検査技術者になるための訓練をしています。

例文3

The sound technician checked all the microphones before the concert.
音響技術者はコンサート前に全てのマイクをチェックしました。

「technician」の発音をマスターしよう!

発音記号: /tekˈnɪʃ.ən/、カタカナ読み: テクニシャン この単語は3音節で、第二音節に強勢があります。

「tek-」の部分は「テク」と発音、「-ni-」の部分は強く「ニ」と発音し、「-shan」の部分は軽く「シャン」と発音します。

「technician」の類義語はどんなものがある?

engineer テクニシャンとエンジニアはともに技術職ですが、エンジニアはより高度な設計や計画を含む職務が多いことが一般的です。

テクニシャンは実際の装置の操作やメンテナンスに従事することが多いです。

例文:The engineer designed a new bridge.
和訳:エンジニアは新しい橋を設計しました。

「technician」の対義語はどんなものがある?

layperson(一般人) テクニシャンは専門的な訓練や知識を持つ人を意味するのに対し、一般人は特定分野の専門知識がない人を指します。

例文:I am just a layperson when it comes to computers.
和訳:コンピュータに関しては私は一般人です。

「technician」を語源から学んでみよう

「technician」はギリシャ語の「techne」(技術、芸術)に由来し、「-ician」は専門家を意味する接尾辞です。

類似の語源を持つ単語には「technology」(テクノロジー、科学技術)、「technique」(テクニーク、技術)、「technical」(テクニカル、専門的な)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,