文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「veterinarian」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「veterinarian」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「veterinarian」の意味について1分で理解しよう!

「veterinarian」は名詞で、動物の健康と病気を診て治療する専門家、すなわち「獣医」を意味します。

ネイティブスピーカーは「veterinarian」をどんな場面で使う?

ネイティブはペットの健康に関する問題があるときや、動物を専門的に扱う状況で「veterinarian」を使用します。

また、獣医学を専門とする学生やその専門を紹介する時に使われます。

「veterinarian」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

ペットを持つ家庭や農業、動物関連の仕事でよく使われる単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「veterinarian」をマスターしよう!

例文1

The veterinarian examined the sick dog.
その獣医は病気の犬を診察した。

例文2

My cat was vaccinated by the veterinarian.
私の猫は獣医によってワクチン接種をされた。

例文3

The veterinarian gave me advice about my pets diet.
その獣医は私のペットの食事についてアドバイスをくれた。

「veterinarian」の発音をマスターしよう!

発音記号: [ˌvɛtərɪˈneəriən] カタカナ読み: ヴェトゥリナリアン 発音の解説: この単語は5音節で構成されており、"vet"の部分で弱い発音、"eri"の部分で最も強いアクセントを置いて発音します。

"vet"は「ヴェトゥ」と発音し、"er"はエアとなりアクセントのある音節、"i"は「リ」となります。

"arian"は「アリアン」と発音されます。

「veterinarian」の類義語はどんなものがある?

animal doctor 「veterinarian」と「animal doctor」はほとんど同じ意味ですが、「animal doctor」は非公式な言い方です。

「veterinarian」は専門性が高い印象を与える用語です。

例文: The animal doctor treated the injured horse.
和訳: その動物の医師は傷付いた馬を治療した。

「veterinarian」の対義語はどんなものがある?

human doctor 「veterinarian」は動物を診る医師であり、「human doctor」(人間の医師)とは対称的です。

後者は通常「doctor」と呼ばれます。

例文: Unlike a veterinarian, a doctor treats human patients.
和訳: 獣医と違い、医師は人間の患者を治療する。

「veterinarian」を語源から学んでみよう

「veterinarian」はラテン語の「veterinae」から来ています。

これは「家畜」を意味する言葉であり、古代ローマの時代には家畜を扱う医者を指していました。

似た語源を持つ言葉には、「veterinary」(獣医学)や「veteran」(ベテラン、経験豊富な人)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,