文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「physician」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「physician」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「physician」の意味について1分で理解しよう!

「physician」は医学の専門的な訓練を受けた人で、一般には医師やドクターと呼ばれる専門家のことです。

彼らは人々の健康を診断し、治療及び予防をする仕事をします。

内科医を指すことが多いですが、広義には外科医を含むすべての医師を指すこともあります。

ネイティブスピーカーは「physician」をどんな場面で使う?

ネイティブは「physician」を、医療の専門家や内科医について話す際に使います。

医療関連の話題や専門的な文脈で頻繁に使用されます。

「physician」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

医療に関連する場面ではよく使用され、一般の日常会話でもしばしば出る単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「physician」をマスターしよう!

例文1

The physician prescribed some medicine for my cough.
医師は私の咳に対していくつかの薬を処方しました。

例文2

She is a well-respected physician in the community.
彼女は地域で尊敬される医師です。

例文3

I have an appointment with my physician next week.
来週、私の医師との予約があります。

「physician」の発音をマスターしよう!

発音|fɪˈzɪʃ.ən/フィジシャン この単語は3音節で構成されており、「fi」は「フィ」と発音、「zish」は「ジシュ」と発音し、強勢、「an」は「ャン」と発音します。

強勢は「zish」の音節にあります。

「physician」の類義語はどんなものがある?

「doctor」 「doctor」は一般的な医師を指す言葉で、「physician」よりも広く使われます。

「Physician」はより専門的な診断や治療に焦点を当てた医師を指すことが多いです。

例文:I need to see a doctor for my back pain.
和訳:私は腰痛のために医師に診てもらう必要があります。

「physician」の対義語はどんなものがある?

特定の明確な対義語はありませんが、「patient」が反対に当たります。

これは治療を受ける側の人を指します。

例文:The physician gave her patient a check-up.
和訳:その医師は患者に健康診断を行いました。

「physician」を語源から学んでみよう

「physician」は中英語「phisicien」に由来し、古フランス語やラテン語の「physicus」(自然の)に関連します。

これはギリシャ語の「physis」(自然)から来ており、「physic」(自然の治療法)や「physics」(物理学)などと語源が共通です。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,