文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「take on」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「take on」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「take on」の意味について1分で理解しよう!

"take on"は、何かを負う、引き受ける、または始めるという意味のフレーズです。

これには、新しい責任や仕事を受ける、課題や競争に挑む、または特定の風貌や雰囲気を取りますというさまざまな状況が含まれます。

ネイティブスピーカーは「take on」をどんな場面で使う?

ネイティブは新しい責任、仕事、プロジェクトを始める時や、課題や競争に挑む際に"take on"というフレーズを使います。

また、何かの役を演じるなど、ある役割や態度を取ることを表す時にも使われます。

「take on」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階中3です。

英語話者の日常生活やビジネスでよく使われるフレーズです。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「take on」をマスターしよう!

例文1

I decided to take on the challenge.
私はその挑戦を引き受けることに決めた。

例文2

She took on too much work and got stressed.
彼女はあまりにも多くの仕事を引き受けて、ストレスを感じた。

例文3

The company is looking to take on new employees.
その会社は新しい従業員を雇う予定です。

「take on」の発音をマスターしよう!

発音|ˈteɪk ˌɑn/テイク・オン フレーズ"take on"は、「テ」から始まり、「イ」の音を半開口して発音し、「ク」の音で終える。

続いて、"on"は「オ」の音を軽く発音し、「ン」で閉じる。

"take"と"on"の間にはわずかな一時停止がある。

「take on」の類義語はどんなものがある?

「undertake」は「take on」と同じように、責任を引き受けることを意味しますが、より公式やフォーマルな文脈で用いられることが多いです。

例:He undertook a new project.
和訳:彼は新しいプロジェクトを始めた。

「take on」の対義語はどんなものがある?

「turn down」は「take on」の対義語で、提案や申し出などを断ることを意味します。

例:She turned down the job offer.
和訳:彼女はその仕事の提案を断った。

「take on」を語源から学んでみよう

"take"は古英語の"tacan"から来ていて、「取る」という意味で、"on"は方向を指す前置詞です。

古英語の"ontake"(追いつく、取り上げる)という意味に関連しています。

似た語源の言葉には"take off"(離れる)、"take up"(始める)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,