文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「certificate」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「certificate」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「certificate」の意味について1分で理解しよう!

「certificate」は、「証明書」や「免許」といった文書のことを指し、何らかの権限や専門性、成果が認められていることを公式に示します。

学校の卒業証明、プロフェッショナルな資格、製品の品質保証など、さまざまな場面で用いられます。

ネイティブスピーカーは「certificate」をどんな場面で使う?

ネイティブは、教育、職業、法律、製品安全などの公式文書が求められる様々な状況で「certificate」を使います。

例えば、職業資格を示す必要がある時や、製品が特定の基準を満たしていることを証明する際に、この言葉を用います。

「certificate」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常生活でも使いますが、専門的な状況で特によく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「certificate」をマスターしよう!

例文1

I received my birth certificate in the mail.
私は出生証明書を郵送で受け取りました。

例文2

You need a certificate to work as a nurse.
看護師として働くためには免許が必要です。

例文3

The course ends with a certificate of completion.
このコースは修了証で終わります。

「certificate」の発音をマスターしよう!

発音|ˈsɜː.tɪ.fɪ.kɪt/サティフィキット certificateは英音では「サーティフィキット」と発音されます。

最初に「サ」と発音し、その後に「ティフィ」と続き、最後に「キット」という音が続きます。

また、アメリカ英語では「サートゥフィキット」とも発音されることがあります。

「certificate」の類義語はどんなものがある?

「diploma」は普通、学校や大学が発行する卒業や学位を証明する公式な文書を指します。

例文:He proudly displayed his diploma on the wall.
和訳:彼は自分の卒業証書を壁に誇らしげに飾った。

「certificate」の対義語はどんなものがある?

対義語はありませんが、「informal acknowledgment」で非公式な認知や承認を指す場合がある。

例文:She received informal acknowledgment from her peers for her work.
和訳:彼女の仕事に対して、同僚から非公式な承認を受けた。

「certificate」を語源から学んでみよう

「certificate」の語源はラテン語の「certificare」という語に由来し、「確実にする」という意味があります。

「certus」(確実な)と「facere」(作る)の組み合わせで、公式に何かを確実にすることを意味しています。

似た語源を持つ言葉には「certify」(認証する)、「certain」(確かな)、や「certitude」(確信)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,