文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「comparable」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「comparable」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「comparable」の意味について1分で理解しよう!

「comparable」は形容詞で、「比較できる」や「同等の(価値、大きさ、質などが)」といった意味を持ちます。

2つ以上の事物が似ていて、比較が可能である状態を指します。

主に似ている点が多いものを評価する時に使用されます。

ネイティブスピーカーは「comparable」をどんな場面で使う?

ネイティブは、「comparable」を使って2つ以上の物事を比較し、類似性や同等の性質を強調したい時に使います。

たとえば商品の価値を評価する際や、異なる選択肢を比較しているときなどです。

「comparable」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階評価で4です。

日常生活ではよく使われ、比較をする際に便利な単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「comparable」をマスターしよう!

例文1

The results of the test were comparable to last years.
このテストの結果は昨年と比較できる。

例文2

These two cars are comparable in terms of fuel efficiency.
これら2台の車は燃費の点で比較できる。

例文3

Your job offer is certainly comparable to the one I already have.
あなたの仕事の申し出は、私が既に持っているものと確かに同等です。

「comparable」の発音をマスターしよう!

発音|kəmˈpærəbl/カムパラブル この単語は3音節で構成されており、「com-」は「カム」と軽く、「-par-」は強勢を持って「パラ」と発音し、「-able」は「ブル」と軽く発音します。

強勢は「-par-」の部分に置かれます。

「comparable」の類義語はどんなものがある?

「analogous」と「comparable」は似た意味を持ちますが、「analogous」は2つの事物が機能や関係性の点で似ていることを指します。

「comparable」はより広範に使われ、一般的に似ていると評価されることを意味します。

例文: Her achievements are analogous to those of her predecessor.
和訳: 彼女の業績は前任者のそれと同様である。

「comparable」の対義語はどんなものがある?

「incomparable」は「比較できない」または「比較にならない」という意味です。

対照的に、「comparable」は2つの物事が似ていて比較可能であることを表します。

例文: This artists skill is incomparable; no one else comes close.
和訳: このアーティストの技術は比較にならないほどで、他には敵わない。

「comparable」を語源から学んでみよう

「comparable」は、中世ラテン語の「comparabilis」に由来し、「直接比較できる」という意味です。

この単語は「com-」(共に)と「parare」(準備する、提供する)の合成から成り立っています。

似た語源の単語には「prepare」(準備する)や「repair」(修理する)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,