文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「duration」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「duration」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「duration」の意味について1分で理解しよう!

「duration」は名詞で、「持続期間」「継続時間」という意味があります。

何かが始まってから終わるまでの時間の長さを表します。

イベント、状態、行動が連続的にどのくらい続くかを指す単語です。

また、金融や音楽などの専門分野でも特定の意味で使用されます。

ネイティブスピーカーは「duration」をどんな場面で使う?

ネイティブは「duration」を時間の長さを話題にする際によく使用します。

たとえば、契約の期間、トレーニングの所要時間、旅行の滞在期間などについて語る状況で使うことが多いです。

「duration」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階中3です。

日常生活でたまに使う単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「duration」をマスターしよう!

例文1

The duration of the flight is five hours.
その飛行機の飛行時間は5時間です。

例文2

What is the duration of the warranty on this product? この製品の保証期間はどのくらいですか?

例文3

He can hold his breath for a duration of two minutes.
彼は息を2分間止めていられます。

「duration」の発音をマスターしよう!

発音|djuːˈreɪʃən/デューレイション この単語は3音節で構成され、"du-"は「デュー」、"ra-"は「レイ」のように強く読み、最後の"-tion"は「ション」と発音されます。

"-ra-"の部分に強勢があります。

「duration」の類義語はどんなものがある?

「period」は一定の区切りや周期を指しながら継続時間を意味し、より一般的に使われる単語です。

「duration」は継続時間の長さに重点を置いています。

例文:He lived in China for a short period.
和訳:彼は短期間中国に住んでいた。

「duration」の対義語はどんなものがある?

「transience」は短い期間、一時的なことを意味し、「duration」の長い持続とは対照的です。

例文:The transience of life is often a reason to cherish every moment.
和訳:人生の儚さは、毎瞬間を大切にする理由となることが多い。

「duration」を語源から学んでみよう

「duration」の語源はラテン語の「dūrātiō」に由来し、「持続する」や「硬い」という意味のラテン語「dūrus」から派生しています。

類似の語源をもつ単語には「durable」(耐久性のある)や「endure」(耐える)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,