文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「extended」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「extended」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「extended」の意味について1分で理解しよう!

「extended」は「拡張された」や「延長された」という意味の形容詞で、何かが通常より長く、広く、または発展している状態を表します。

時間、空間、数量、範囲など様々なものを指して長くなったことを示すことがあります。

ネイティブスピーカーは「extended」をどんな場面で使う?

ネイティブはこの単語を日常生活やビジネスのコンテキストで使います。

休暇の延長、勤務時間の拡大、契約の更新、議論の拡張など、様々な事象に関連して使用します。

「extended」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階で4です。

比較的簡単な単語で、日常会話やビジネスシーンなど様々な場でよく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「extended」をマスターしよう!

例文1

They took an extended vacation to Europe.
彼らはヨーロッパへ長期休暇を取った。

例文2

The meeting was extended by an hour.
会議は1時間延長された。

例文3

She extended her hand in greeting.
彼女は挨拶として手を差し伸べた。

「extended」の発音をマスターしよう!

発音 |ɪkˈstɛndɪd| イクステンディド 「extended」は3音節で、「イク-ステン-ディド」と発音します。

最初の音節「イク」の「e」は「ɪ」と発音され、第二音節「ステン」にアクセントがあり、ここが最も強調されます。

「extended」全体の発音は、"ɪk-stɛn-dɪd" となります。

「extended」の類義語はどんなものがある?

「prolonged」は特に時間の延長を意味し、しばしば意図的または遅延を伴う場合に用いられます。

「Extended」は一般的な拡大を示し、意図的なものも偶発的なものも含みます。

例文: The drought has led to a prolonged shortage of water.
和訳: 干ばつにより長期にわたる水不足が引き起こされている。

「extended」の対義語はどんなものがある?

「shortened」は「短縮された」という意味で、「extended」の反対です。

時間や距離が縮小されたり、減少したりすることを指します。

例文: The essay was shortened to meet the word limit.
和訳: エッセイは、語数制限に合わせて短縮された。

「extended」を語源から学んでみよう

「extended」はラテン語の「extendere」から来ています。

「ex-(外へ)」と「tendere(引き伸ばす)」に由来し、物事を外に広げたり長くしたりすることを表します。

類似する語源の言葉には「tension」(緊張)や「tend」(傾向がある)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,