文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「identification」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「identification」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「identification」の意味について1分で理解しよう!

「identification」は、どんな人や物を区別して認識することや、あるいは自己を特定する手段となる情報を意味します。

身分証明書や個人番号などがこれにあたり、個人を特定する際に不可欠なものです。

ネイティブスピーカーは「identification」をどんな場面で使う?

ネイティブは「identification」を、身分確認を行う際や誰かを特定するときに使います。

また、個人を一意に識別する情報や手段を指す言葉としても使用されます。

「identification」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階評価で4です。

日常生活でよく使われ、特に公式な場面やセキュリティが関係する箇所で重要とされます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「identification」をマスターしよう!

例文1

Please show me your identification.
身分証を見せてください。

例文2

Biometric identification is becoming popular.
生体認証が人気になっています。

例文3

The witness provided a detailed identification of the suspect.
目撃者は容疑者について詳細な特徴を説明した。

「identification」の発音をマスターしよう!

発音|aɪˌdɛntɪfɪˈkeɪʃ(ə)n/アイデンティフィケイション この単語は5音節で構成されます。

"identification"は強勢が最後から二番目の音節 "fi" にあります。

"iden-" は軽く、"-tification" の部分は明瞭に発音することが大切です。

「identification」の類義語はどんなものがある?

「recognition」とは認めることや認識することを意味し、しばしば誰かを見分ける能力を指します。

対して「identification」はその人が確かにその人であることを特定する行動や情報です。

例文:His face was beyond recognition.
和訳:彼の顔は見分けがつかないほどだった。

「identification」の対義語はどんなものがある?

対義語は「misidentification」で、誤認識や間違った特定を意味します。

例文:The crime was a result of misidentification.
和訳:その犯罪は誤認によるものだった。

「identification」を語源から学んでみよう

「identification」の語源は、ラテン語の「identificare」に由来し、これは「同じものとして」という意味の「idem」と「作る」を意味する「facere」が組み合わさったものです。

同じ語源を持つ単語には「identical」(同一の)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,