文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「luncheon」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「luncheon」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「luncheon」の意味について1分で理解しよう!

「luncheon」は「昼食」という意味の名詞です。

通常、お昼に食べる食事のことを指し、カジュアルな場合からフォーマルなビジネスランチまで、さまざまなシーンで使われます。

特に、招待を伴う社交的なイヴェントや会合の場合に「luncheon」という言葉が好んで使用されることが多いです。

ネイティブスピーカーは「luncheon」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「luncheon」という言葉を正式な昼食やビジネスランチ、社会的なイベントを指すときに使います。

結婚式や慈善イベントなど、フォーマルな招待を伴う場合に特に一般的です。

「luncheon」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

一般的な会話やビジネスシーンにおいても頻繁に使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「luncheon」をマスターしよう!

例文1

The office is hosting a luncheon for the retiring director.
オフィスは退任する取締役のためにランチョンを開いています。

例文2

Please join us for a luncheon at noon.
正午にランチョンにご参加ください。

例文3

They scheduled a luncheon to discuss future plans.
彼らは将来の計画を話し合うために昼食会を予定した。

「luncheon」の発音をマスターしよう!

発音|ˈlʌntʃən/ラントゥション 「luncheon」は2音節で、「lʌn-」が第一音節で強勢、「-tʃən」が第二音節で弱勢となります。

最初の「lʌn」は「ラン」と発音し、「-tʃən」は「チョン」となります。

「ch」の音が特徴的で、「t」の音と「sh」の音が合わさったような発音です。

「luncheon」の類義語はどんなものがある?

「lunch」 「lunch」は「昼食」を意味しますが、よりカジュアルな表現です。

「luncheon」はよりフォーマルなイベントや会合に使われることが多いです。

例文:I have a lunch meeting with a client.
和訳:私はクライアントと昼食の打ち合わせがあります。

「luncheon」の対義語はどんなものがある?

「dinner」 「dinner」は夜の主要な食事を指し、時刻的に「luncheon」と反対です。

「luncheon」は昼に、一方「dinner」は夜に食べます。

例文:We are having a company dinner tonight.
和訳:我々は今夜、会社の夕食会があります。

「luncheon」を語源から学んでみよう

「luncheon」は16世紀に使われ始めた語で、中英語の「lunch」とフランス語の語尾「-eon」が組み合わさった語です。

「lunch」自体は、より大きな食事を少ない量で摂ることを意味する「lump」に由来していると言われています。

「launch」(始める)や「punch」(パンチ)などが同様に「-unch」という音節で終わる単語です。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,