文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「means」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「means」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「means」の意味について1分で理解しよう!

「means」は名詞で、何かを成し遂げるための方法や手段を指します。

具体的には、目的を達成するために使うツール、方法、または資源のことを言います。

広義では、資金や財産などの経済的な資力も指すことがあります。

ネイティブスピーカーは「means」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「means」を、目標を達成するための具体的な方法や、人が利用可能な資源や資産を説明する際に使用します。

また、比喩的な表現やイディオムにも現れ、「by all means」(ぜひとも)のように使われることもあります。

「means」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は3です。

非常に基本的な単語で、日常生活やビジネスシーンの両方で頻繁に使用されます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「means」をマスターしよう!

例文1

Education is a means to a better future.
教育はより良い将来への手段だ。

例文2

He used all available means to complete the project.
彼はプロジェクトを完成させるために利用可能な全ての手段を用いた。

例文3

She doesnt have the means to buy a new car.
彼女には新しい車を購入する経済的な手段がない。

「means」の発音をマスターしよう!

発音|miːnz/ミーンズ 単音節の単語で、「ミー」という長音の後に軽く「ンズ」とつづけます。

英語の "means" の「ea」は長い「イー」の音として発音され、「s」はズとして発音されます。

「means」の類義語はどんなものがある?

「way」 「way」も手段を意味しますが、より一般的な道筋や方向を示すことが多いです。

「Means」は方法や手段を具体的に指します。

例文:We need to find a new way to approach the problem.
和訳:私たちは問題に対する新しい進め方を見つける必要がある。

「means」の対義語はどんなものがある?

「end」 「end」は結果や目的を意味し、「means」が過程や手段を示すのに対して、「end」は最終的な目標を指します。

例文:The end justifies the means.
和訳:目的が手段を正当化する。

「means」を語源から学んでみよう

「means」の語源は古英語の「gemæne」から来ており、元々は「共通の、一般的な」を意味していました。

後に「方法」や「手段」という意味が発展しました。

似た語源を持つ単語には「mean」(意味)や「common」(共通の、普通の)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,