文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「overtime」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「overtime」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「overtime」の意味について1分で理解しよう!

「overtime」は名詞で、通常の所定の労働時間を超えて行われる追加の労働時間のことを指す言葉です。

しばしば、この「超過労働時間」には通常の時間給よりも高い賃金が支払われます。

「overtime」はまたスポーツにおいて、試合が引き分けで終了するときに、勝者を決定するためにプレイされる追加時間を指すこともあります。

ネイティブスピーカーは「overtime」をどんな場面で使う?

ネイティブは「overtime」を職場での追加労働時間について話す際や、スポーツゲームで試合が規定時間内に決着しない時に用いる追加プレイ時間を指すために使います。

日常会話から専門的な業務まで幅広いシチュエーションで使われます。

「overtime」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

職場やスポーツ観戦で頻繁に使われる単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「overtime」をマスターしよう!

例文1

I had to work overtime to finish the project.
プロジェクトを終えるために残業しなければならなかった。

例文2

Employees are paid extra for any overtime hours worked.
従業員は、働いた残業時間に対して追加で支払われる。

例文3

The game went into overtime after a tie.
試合は引き分けの後、延長戦に突入した。

「overtime」の発音をマスターしよう!

発音|ˌoʊvərˈtaɪm|オウヴァタイム この単語は「オウヴァタイム」と発音され、3音節構成です。

強調される音節は第二音節の「-taɪm」です。

短い前置詞"over"は強いアクセントは付けずに、「オウヴァ」と発音する。

主要な音節"time"では「タイム」と発音され、ここにアクセントがあります。

「overtime」の類義語はどんなものがある?

「extra time」「additional time」 これらの単語は「overtime」と同じく追加の時間を意味しますが、特にスポーツの文脈で使われることが多いです。

例えば、「extra time」はしばしばサッカーの延長戦を示します。

例文:If the score is level, the match will go into extra time.
和訳:スコアが同じならば、試合は延長戦に入ります。

「overtime」の対義語はどんなものがある?

「standard time」「regular time」 これらは規定の労働時間または試合の通常時間を意味します。

「overtime」と対照的に、追加の時間ではなく、通常の時間に焦点を当てます。

例文:He finishes all his work within standard time.
和訳:彼はすべての仕事を標準的な時間内に完成させる。

「overtime」を語源から学んでみよう

「overtime」は、「over-」(上・超えて)と「time」(時間)という2つの英単語から成る合成語です。

「over-」は古英語の「ofer」という前置詞から来ており、さまざまな単語の前に付けて「〜を超えて」「〜の上に」という意味を付加します。

似た語源の単語には「overcome」(克服する)、「overlook」(見逃す)、「overwhelm」(圧倒する)があり、これらも「over-」が含まれています。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,