文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「payroll」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「payroll」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「payroll」の意味について1分で理解しよう!

"payroll"は名詞で、すべての従業員に支払われる賃金や給与の総額を指す。

また、企業で賃金計算や給与明細の発行を担当する部署やシステム、従業員の名簿のことも指す場合がある。

会社の財務管理の中心的な要素であり、税金の計算や保険料の控除などを含むこともある。

ネイティブスピーカーは「payroll」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「payroll」をビジネスや会社の会計、人事に関わる場面で使います。

従業員の給与の管理、税金や保証金の計算をするとき、あるいは労働力に関する統計を話すときに使用します。

「payroll」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は5/10で、ビジネス現場や人事、経理部門でよく使われる単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「payroll」をマスターしよう!

例文1

The payroll department is responsible for processing wages.
給与部門は給与処理を担当しています。

例文2

I need to check the payroll before submitting it.
提出する前に給与総額を確認する必要があります。

例文3

She was added to the company’s payroll last month.
彼女は先月、会社の給与名簿に加えられました。

「payroll」の発音をマスターしよう!

発音|ˈpeɪˌroʊル/ペイロゥ payrollは2音節で、"pay-"は日本語の「ペイ」と同じであり、"-roll"は「ロゥ」と転がるように発音します。

"l" の音は口の後ろで軽く発音されます。

「payroll」の類義語はどんなものがある?

「wages」は通常、時間給や作業の量に基づいて計算される報酬を意味します。

「payroll」は全従業員の給与総額や計算システムを指します。

例文:Her wages are calculated weekly.
和訳:彼女の賃金は週ごとに計算されます。

「payroll」の対義語はどんなものがある?

「unemployment」は仕事がなく、賃金を得られていない状態を意味します。

「payroll」は働いて賃金を得ている従業員がいる状況です。

例文:The unemployment rate has increased this quarter.
和訳:失業率は今四半期に増加しました。

「payroll」を語源から学んでみよう

「payroll」は pay(支払う)と roll(名簿、巻物)という2つの英語の単語から来ています。

最初は給与が記録された紙のリスト、つまり名簿を巻いた巻物の意味でした。

類似の語源を持つ単語には「paycheck」(給与小切手)や「payout」(支出、支払い)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,