文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「perspective」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「perspective」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「perspective」の意味について1分で理解しよう!

「Perspective」は名詞で、物事を見る角度や方法、視点を指します。

美術では遠近法として知られ、物を遠くや近くでどう見えるかを表現する技法を意味します。

心理学や意見の表現では、個人の立場や考え方をさすこともあります。

ネイティブスピーカーは「perspective」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「perspective」を使って、さまざまな状況や問題に対する個人の見方やアプローチを表現する際に用います。

また、芸術が持つ奥行きや現実感を説明するときにも使われます。

「perspective」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

日常的な会話や中学・高校レベルで教えられる単語です。

美術や心理学など特定の分野ではよく使用されます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「perspective」をマスターしよう!

例文1

From my perspective, the project was a success.
私の視点からすると、そのプロジェクトは成功だった。

例文2

The painting uses perspective to create depth.
この絵は遠近法を使って奥行きを出している。

例文3

Seeing things from a different perspective can be enlightening.
物事を異なる視点から見ることは、啓発的だ。

「perspective」の発音をマスターしよう!

発音|pərˈspektɪv/パースペクティヴ この単語は3音節で構成され、"per-" は「パー」、"-spec-" は「スペク」、"-tive" は「ティヴ」と発音します。

最初の "pər-" 音節は軽く、強勢は "-spec-" の部分にあります。

「perspective」の類義語はどんなものがある?

「standpoint」 「standpoint」は特定の問題に対する固定した立場や見地を指します。

「Perspective」はもっと広い範囲での見方や考え方を意味します。

例文:From an environmental standpoint, we should recycle more.
和訳:環境の立場から言えば、私たちはもっとリサイクルすべきだ。

「perspective」の対義語はどんなものがある?

「myopia」 「myopia」は近視のことで、物理的な視野が狭い状態をさす。

比喩的には見識が狭いことを表す。

「Perspective」は視野が広く、多角的な見方をすることです。

例文:His business decisions are often influenced by his myopia.
和訳:彼のビジネス上の決定は、しばしば彼の狭い視野に影響される。

「perspective」を語源から学んでみよう

「perspective」の語源はラテン語の「perspicere」で、「徹底的に見る」または「観察する」という意味です。

これは「per(通して)」と「specere(見る)」から成り立っています。

「spectacle(光景)」や「inspect(点検する)」という単語は同じ「specere」の語根を共有しており、見ることを意味する用語です。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,