文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「pillar」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「pillar」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「pillar」の意味について1分で理解しよう!

「pillar」は名詞で、「柱」や「支柱」という意味があります。

主に建築で使われる用語で、建物の重みを支えるための直立した構造のことを指します。

比喩的には、何かの重要な支えや土台となる要素のことも表す言葉です。

ネイティブスピーカーは「pillar」をどんな場面で使う?

ネイティブは「pillar」を実際の建物や構造の柱を言及する場面で使います。

また、比喩的な意味として、何かの基盤や基本を成す重要な要素や原則を指してこの単語を用いることがあります。

「pillar」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常生活でしばしば見かける物の名称なので、幅広い年齢層で使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「pillar」をマスターしよう!

例文1

The ancient temple was supported by stone pillars.
その古代の寺院は石の柱で支えられていた。

例文2

Trust is a pillar of a strong relationship.
信頼は強固な関係の支柱です。

例文3

Education is often considered a pillar of society.
教育はしばしば社会の柱と考えられています。

「pillar」の発音をマスターしよう!

発音|ˈpɪl.ər/ピラー この単語は2音節で、"pɪl"の後に弱い母音音節"ər"が続きます。

「ピ」は短くて明確に、「ラー」は軽く発音されます。

"l"の音が含まれているため、舌の先を上あごに軽く当てて発音します。

「pillar」の類義語はどんなものがある?

「column」 「column」も建築での柱を指すが、通常、装飾的な要素や古典的なスタイルを持つ柱に使われることが多いです。

例文:The buildings facade is marked by tall columns.
和訳:そのビルの正面は高い列柱によって特徴づけられている。

「pillar」の対義語はどんなものがある?

「weakness」 「weakness」は強さや支えの反対で、無力さや弱点を意味します。

「pillar」が強固さを示すのに対し、「weakness」は脆弱性を示します。

例文:A weakness in the structure could lead to collapse.
和訳:構造の弱点は崩壊につながる可能性がある。

「pillar」を語源から学んでみよう

「pillar」の語源は、古フランス語の「pilier」から来ており、その根はラテン語の「pila(ピラ、つまり柱)」にあります。

類似の語源を持つ単語としては「pile」(積み重ね)があり、これは物を積み上げることから転じて「支え」という意味合いを持つようになったものです。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,