文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「precede」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「precede」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「precede」の意味について1分で理解しよう!

「precede」は動詞で、「〜に先行する」「〜の前に来る」という意味を持ちます。

時間や順序であるものより早く起こることを指します。

また、ある事象や物が他よりも前に位置することを示す際にも使います。

ネイティブスピーカーは「precede」をどんな場面で使う?

ネイティブは「precede」を、話している順序やイベント、プロセス、本や文章などの構造の中で何かが他のものに先んじて起こる、または行われる場合に使います。

「precede」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

中学校や高校の英語の授業で学びますが、日常生活では頻繁に使われることは少ないです。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「precede」をマスターしよう!

例文1

The ceremony will precede the banquet.
式典は宴会に先立って行われます。

例文2

Tradition should not precede common sense.
伝統は常識に先行すべきではありません。

例文3

The introduction precedes the main text.
序文は本文に先行します。

「precede」の発音をマスターしよう!

発音: /prɪˈsiːd/ プリシード 「precede」は二音節から成り、最初の音節"pre"では舌を前の方に軽くあげて「プリ」と発音します。

強勢は二つ目の音節"cede"にあり、「シード」と言う感じで明瞭に発音します。

「precede」の類義語はどんなものがある?

「antecede」 「antecede」も「先行する」を意味するが、より公式な文脈や文学的な文脈で使われることが多いです。

例文:Novels anteceded comic books.
和訳:小説は漫画本に先行した。

「precede」の対義語はどんなものがある?

「follow」 「follow」は「precede」の対義語で、「〜の後に来る」「〜に続く」という意味です。

例文:Lunch will follow the meeting.
和訳:昼食は会議に続いて行われる。

「precede」を語源から学んでみよう

「precede」の語源はラテン語の"praecedere"から来ている。

これは「praé(前に)」と「cedere(行く)」の組み合わせで、「前方に進む」を意味します。

同じ語源を持つ単語には「proceed」(進行する)や「recede」(後退する)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,