文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「premises」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「premises」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「premises」の意味について1分で理解しよう!

「premises」とは、法律やビジネスの文脈で用いられる単語で、建物や土地を指します。

また、論理的な議論における前提条件や仮定を意味することもあります。

ビジネスでは会社や店の建物及び敷地を、論理学では議論や論理的推論の出発点となる前提を指します。

ネイティブスピーカーは「premises」をどんな場面で使う?

ネイティブは、「premises」を不動産に関連する話題、例えば事業の場所や建物の管理について話す時に使用します。

また、論理的議論や学術的な文脈では、議論の基盤となる前提を示す際に使用されます。

「premises」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で5です。

一般的な日常会話ではあまり使いませんが、ビジネスや法律、論理学のコンテキストではよく使われます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「premises」をマスターしよう!

例文1

"No smoking is allowed on the premises.
" 敷地内では喫煙が禁止されています。

例文2

"The conclusion is based on false premises.
" 結論は誤った前提に基づいています。

例文3

"They expanded their business premises last year.
" 彼らは昨年、事業の敷地を拡大しました。

「premises」の発音をマスターしよう!

発音:|ˈprem.ɪ.sɪz|プレミスィズ 「premises」は2音節からなります。

最初の音節に強勢があり、「プレ」のように発音します。

その後に「ミスィズ」と続きます。

最初の「s」は「z」のように発音されることが多いです。

「premises」の類義語はどんなものがある?

「property」 「property」は、「premises」と似ていて、土地や建物などを指しますが、「premises」は特にビジネスの場所を意味することが多いです。

例文:The company has several properties across the city.
和訳:その会社は市内にいくつかの物件を持っています。

「premises」の対義語はどんなものがある?

「premises」の対義語は特にありませんが、理論的なコンテキストでの対義語としては「conclusion」(結論)が使われることがあります。

前提から結論に至るという意味での対比です。

「premises」を語源から学んでみよう

「premises」は、中英語で「事前に述べられたもの」を意味する「premisses」からきています。

ラテン語の「praemissus」、すなわち「praemitto」(prae「前に」+mitto「送る」)に由来し、そこから「法的文書において事前に述べられた事項」を表すようになりました。

「premise」(前提)も同じ語源を持ちます。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,