文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「reorganization」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「reorganization」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「reorganization」の意味について1分で理解しよう!

「reorganization」は名詞で、「組織の再編」や「再構築」を意味します。

企業や団体が効率化や戦略変更、経営危機に応じた構造の見直しを行う際に使われることが多い言葉です。

組織の階層や部門の変更、業務プロセスの改善などが含まれます。

ネイティブスピーカーは「reorganization」をどんな場面で使う?

ネイティブは、企業や組織が内部の変更を行うとき、特に経営上の問題解決や効率改善、市場環境の変化への対応などの文脈で「reorganization」を使います。

経済ニュースやビジネスの会話でよく聞かれます。

「reorganization」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で6です。

専門的な文脈やビジネスの場ではよく使用されますが、日常会話ではあまり使われません。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「reorganization」をマスターしよう!

例文1

The company underwent a major reorganization last year.
その会社は昨年、大規模な再編成を行った。

例文2

Reorganization efforts are critical to stay competitive.
競争力を保つためには、再編成の努力が不可欠です。

例文3

After the merger, reorganization of departments took place.
合併後、部門の再編成が行われた。

「reorganization」の発音をマスターしよう!

発音|ˌriːˌɔrɡənəˈzeɪʃən/リーオーガナゼーション この単語は5音節で構成され、重音節を含みます。

アクセントは"ˈzeɪʃən"の"zeɪ"にあります。

"reː"は長い"e"の音ではっきりと発音し、"ɔrɡ"は"オーグ"と言うように、"ən"は"ナ"と軽く、そして"zeɪʃən"は"ゼーション"と力強く発音します。

「reorganization」の類義語はどんなものがある?

類義語「restructuring」は、特に財務上の改善や借金の再構築を意味することが多く、より財務的な側面に重きを置きます。

一方、「reorganization」はより幅広い変更を指すことがあります。

例文:The failing company needed immediate restructuring.
和訳:その失敗している会社は直ちに財務再構築が必要だった。

「reorganization」の対義語はどんなものがある?

対義語「status quo」は、現状の維持または変化のない状態を意味します。

reorganizationは変化と改善を目指しますが、status quoは既存の状態を保持することを意味します。

例文:The management decided to maintain the status quo.
和訳:経営陣は現状維持を決定した。

「reorganization」を語源から学んでみよう

「reorganization」の語源はラテン語の「re-」(再び)と、ギリシャ語由来の「organize」(組織する)に由来します。

「organize」は、「organ-」(器官、部品)に関連し、各部が協調して機能する全体を形成することを意味します。

似た語源を持つ単語には「renewal」(更新)、「reform」(改革)、そして「organism」(生物、有機体)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,