文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「resist」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「resist」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「resist」の意味について1分で理解しよう!

「resist」は動詞で、「抵抗する」、「耐える」という意味です。

物理的・感情的に何かを拒否したり、なにかに対して立ち向かったり、ある状況に耐え忍んだりすることを意味します。

これには、求められたことをしない決断や、誘惑に対する自制心も含まれます。

ネイティブスピーカーは「resist」をどんな場面で使う?

ネイティブは「resist」を、個人が食欲や怒りなどの感情、または他人の提案や圧力に対して堪えたり、立ち向かう際に使います。

また、物理的な耐久性を議論する際にも使用されます。

「resist」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常的にしばしば使われる単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「resist」をマスターしよう!

例文1

He managed to resist the temptation to eat another cookie.
彼は別のクッキーを食べる誘惑に抵抗することができました。

例文2

Countries should resist any form of aggression.
国々はあらゆる形の侵略に抵抗すべきです。

例文3

The material is designed to resist high temperatures.
その素材は高温に耐えるように設計されています。

「resist」の発音をマスターしよう!

発音:/rɪˈzɪst/ リズィスト 「resist」は2音節で、強勢は2番目の音節にあります。

「ri」と短く発音されるsの前の音節「-zist」では「z」の音に「ɪ」(イ)の音が続き、最後には「st」と発音されます。

「resist」の類義語はどんなものがある?

「withstand」とは強い力や影響に耐えることですが、「resist」よりもより強い耐久力を指します。

例文: The building was designed to withstand earthquakes.
和訳: その建物は地震に耐えられるよう設計されました。

「resist」の対義語はどんなものがある?

「surrender」は「resist」の対義語で、抵抗をやめて降参することを意味します。

例文: After a long negotiation, he decided to surrender.
和訳: 長い交渉の後、彼は降参することに決めた。

「resist」を語源から学んでみよう

「resist」はラテン語の「resistere」に由来し、「立ち止まって反対する」という意味です。

「re-」(バックまたは反対)と「sistere」(立つ)の組み合わせです。

似た語源の単語には「persist」(ねばり強く続ける)や「exist」(存在する)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,