文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「retain」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「retain」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「retain」の意味について1分で理解しよう!

「retain」は動詞で、「保持する」、「維持する」、または「記憶にとどめる」などの意味を持ちます。

何かがなくならないようにする、または関係やサービスを継続することを指します。

ネイティブスピーカーは「retain」をどんな場面で使う?

ネイティブは法的な文脈やビジネスでの契約時に「retain」をよく使用します。

たとえば、弁護士を雇う時には「retain a lawyer」と言います。

また、記憶を保つための文脈では、学習した情報を「retain information」と言うなど、様々な場面で使います。

「retain」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で4です。

日常生活ではある程度使いますが、法律やビジネスの文脈でより頻繁に使用されます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「retain」をマスターしよう!

例文1

You need to retain the receipt for returns.
返品のために領収書を保持しておく必要があります。

例文2

The coach has been retained for another season.
そのコーチはさらに1シーズン継続して雇われています。

例文3

The company wants to retain its best employees.
その会社は最優秀な従業員を維持したいと考えています。

「retain」の発音をマスターしよう!

発音|/rɪˈteɪn/リッテイン 「retain」は二音節で「リッ-テイン」と発音されます。

"rɪ-"(リッ)で始まり、次に強勢付きの音節 "-teɪn"(テイン)が続きます。

"r" の音で始まり、"ɪ" は短い "イ" のような音、"teɪn" は "t" の音に "eɪ"(エイ)と "n" の音が続きます。

「retain」の類義語はどんなものがある?

「maintain」 「maintain」は「維持する」や「保つ」といった意味合いで、「retain」と非常に似ていますが、「maintain」は状態を一定に保つことを表します。

例文:We must maintain the quality of our products.
和訳:私たちは製品の品質を維持しなければならない。

「retain」の対義語はどんなものがある?

「release」 「release」は「放す」、「解放する」という意味であり、「retain」が保つことを意味するのに対し、「release」は手放すことを意味します。

例文:The company decided to release some of its employees.
和訳:会社はいくつかの従業員を解雇することにした。

「retain」を語源から学んでみよう

「retain」の語源は、ラテン語の「retinēre」から来ており、「re-」は「後ろに」や「逆に」を意味し、「tinēre」は「握り続ける」を意味します。

類似語として「contain」(「con-」は「一緒に」、「tain」は「保持する」)や「detain」(「de-」は「下へ」や「離れて」、「tain」は「保持する」)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,