文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「screen」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「screen」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「screen」の意味について1分で理解しよう!

「screen」は名詞で、もともとは何かを隠したり、保護したりするために立てるパネルや仕切りのことを指します。

今日では、テレビやコンピュータなどの映像を表示する表面や携帯電話のタッチパネルを示すことが一般的です。

また、映画を上映する「スクリーン」やある条件に合ったものを選ぶ「選別する」という動詞としての使い方もあります。

ネイティブスピーカーは「screen」をどんな場面で使う?

ネイティブは「screen」を、家庭やオフィスなどでのテレビやコンピュータのディスプレイ、映画館の大型スクリーン、プライバシーのために設置されるパネルや部屋を仕切るために使用されるなど、様々な文脈で使います。

また動詞としての「スクリーニングする」は、映画の試写会や健康診断など、何かを選別する際にも使用されます。

「screen」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常生活で非常によく使われる単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「screen」をマスターしよう!

例文1

I bought a new screen for my computer.
私は新しいコンピュータの画面を買いました。

例文2

Please stand behind the screen to change your clothes.
着替える際はスクリーンの後ろに立ってください。

例文3

The movie will start on the big screen at 8 pm.
その映画は8時に大きなスクリーンで始まります。

「screen」の発音をマスターしよう!

発音|skriːn/スクリーン この単語は1音節から成り、「スク」の部分で軽く発音し、「リーン」の部分で長音としてはっきりと発音されます。

「s」は無声摩擦音、「k」は無声破裂音で始まり、その後に「r」の音が来て、長い「iː」音(英語の長い「イー」の音)が続き、最後に「n」の音で終わります。

スクリーン全体の発音はスムーズで流れるようであり、強勢音節はここではありません。

「screen」の類義語はどんなものがある?

「monitor」 「monitor」という単語は特にコンピュータなどの電子機器のディスプレイを指します。

「screen」はより広い意味で、映画のスクリーンや窓の防虫網も含まれます。

例文:I need to replace my old monitor with a new one.
和訳:私は古いモニターを新しいものに交換する必要があります。

「screen」の対義語はどんなものがある?

「projector」 スクリーンは映像が表示される面ですが、「projector」はその映像をスクリーンに投影する機器です。

対照的に、スクリーンは受けるもの、プロジェクターは発するものです。

例文:We will use the projector for our presentation.
和訳:私たちはプレゼンテーションのためにプロジェクターを使用します。

「screen」を語源から学んでみよう

「screen」の語源は中世英語の「scrēn」や古北フランス語の「escran」に由来し、元々は火の飛び散りを防ぐための保護物を指していました。

似た語源を持つ言葉には、「screenplay」(脚本)や「screener」(選別者)などがあります。

これらの言葉も「screen」の「保護」や「選別」という基本的な意味を受け継いでいます。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,