文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「sentiment」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「sentiment」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「sentiment」の意味について1分で理解しよう!

「sentiment」は名詞で、人々の感情や意見を意味します。

特に個人や集団が特定の事柄に対して持つ、感じ方や考え方を指します。

また、感傷的な感情や愛着を表す際にも使われます。

ネイティブスピーカーは「sentiment」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは、感情や意見、または一般的なムードを共有する際に「sentiment」を使います。

特に人々の共感や同意を得るために重要な会話で使われます。

「sentiment」の難易度は?一般的に使うの?

難易度は10段階評価で4です。

日常生活でよく使われる単語の一つです。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「sentiment」をマスターしよう!

例文1

Public sentiment is against the new law.
公衆の感情は新しい法律に反対している。

例文2

He expressed his sentiments during the meeting.
彼は会議の間に自分の感情を表した。

例文3

The movie evoked a strong sentiment of nostalgia.
その映画は強い郷愁を喚起した。

「sentiment」の発音をマスターしよう!

発音|ˈsen.tɪ.mənt/センティメント 単語は3音節で構成されており、「セン-ティ-メント」と発音されます。

第一音節の"ˈsen"が強勢を受けています。

「sentiment」の類義語はどんなものがある?

「emotion」 「emotion」は感情や心情を指し、物理的な反応を伴うこともあります。

「sentiment」はより深い感情や持続的な意見を指します。

例文:She couldnt control her emotions.
和訳:彼女は自分の感情を制御できなかった。

「sentiment」の対義語はどんなものがある?

「indifference」 「indifference」は無関心や無感動を意味し、特定の事柄に対して感情がない状態を指します。

「sentiment」は感情が関わることを示すので、正反対の意味になります。

例文:His indifference to her feelings hurt her deeply.
和訳:彼の彼女の感情に対する無関心が彼女を深く傷つけた。

「sentiment」を語源から学んでみよう

「sentiment」はラテン語の「sentire」(感じる)から派生しました。

この単語は「感情」や「意見」といった抽象的な概念を感じ取る能力を示します。

似た語源を持つ単語には「sensory」(感覚の)や「consent」(同意する)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,