文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「shareholder」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「shareholder」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「shareholder」の意味について1分で理解しよう!

「shareholder」は、会社の一部を所有している人または組織を指します。

株式を有することにより、その会社の利益や損失に応じて配当を受け取る権利があります。

また、会社の意思決定に参加する権利も持っていることが多いです。

これは会社の株主総会で行使される権利です。

ネイティブスピーカーは「shareholder」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは「shareholder」を、株式を発行している会社やその株式に投資している個人もしくは団体を指す際に使います。

特にビジネスの議論、年次報告、会議などの公式な場や投資関連の会話で一般的に使われます。

「shareholder」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階で5です。

投資やビジネスの話題でよく使用されます。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「shareholder」をマスターしよう!

例文1

She became a shareholder in the tech startup.
彼女はそのテックスタートアップの株主になりました。

例文2

Shareholders will benefit from the companys increased profits.
会社の利益増加により、株主は利益を得るでしょう。

例文3

The annual meeting for shareholders is scheduled next month.
株主総会は来月に予定されています。

「shareholder」の発音をマスターしよう!

発音|ˈʃeɪrˌhoʊldər/シェアホールダー 「shareholder」は3音節からなり、最初の音節「share」に強勢があります。

第二音節はホルダーの"ho"-「ホー」と発音し、最後の音節は"lder"-「ルダー」と軽く発音します。

総合して「シェアホールダー」となります。

「shareholder」の類義語はどんなものがある?

「investor」 「investor」は幅広く投資家を指しますが、必ずしも株の所有を意味するわけではありません。

「shareholder」は株式を持っている投資家に限定されます。

例文:He is an investor in many ventures.
和訳:彼は多くの事業に投資をしている人です。

「shareholder」の対義語はどんなものがある?

「non-shareholder」 「non-shareholder」は会社の株式を所有していない人や組織を指します。

株主でないため、配当や意思決定権がありません。

例文:As a non-shareholder, he has no voting rights in the company.
和訳:株主でない彼には、会社の投票権がありません。

「shareholder」を語源から学んでみよう

「shareholder」の語源は「share」(分け前、割り当て)と「holder」(所有者)の組み合わせから来ています。

「share」は古英語の「scēar」や古ノルド語の「sker」に由来し、「切る」や「分割する」という意味がありました。

「holder」は所有を示す「hold」に由来し、古英語の「healdan」から発展しました。

類語としては「sharecropper」(小作農)や「stakeholder」(利害関係者)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,