文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「sidewalk」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「sidewalk」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「sidewalk」の意味について1分で理解しよう!

「sidewalk」は名詞で、道路の端に沿って作られた歩行者専用の舗装された道を意味します。

通常、アスファルトやコンクリートで作られ、歩行者が安全に歩けるように設計されています。

車道とは明確に区切られており、街灯や交通標識があることも多いです。

ネイティブスピーカーは「sidewalk」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは、日常の会話や道案内で「sidewalk」をよく使います。

例えば、人に道を尋ねる際や、子供に交通安全について教える場面で使用されます。

「sidewalk」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は10段階評価で3です。

日常会話や生活の中でよく使われる基本的な単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「sidewalk」をマスターしよう!

例文1

Please walk on the sidewalk for your safety.
安全のために、歩道を歩いてください。

例文2

Bicycles are not allowed on the sidewalk in this area.
この地域では、自転車の歩道の使用が禁止されています。

例文3

The city is repairing the cracked sidewalk.
市は割れた歩道の修理をしています。

「sidewalk」の発音をマスターしよう!

発音|ˈsaɪdˌwɔk/サイドウォーク この単語は2音節からなり、最初の音節である"ˈsaɪd"は「サイド」と発音され、「アイ」の音を含む長い母音を持ちます。

次の音節"wɔk"は「ウォーク」と発音されますが、この「オー」はアメリカ英語では「オ」というよりは「ォ」のような開いた音に近いです。

強勢は最初の"saɪd"に置かれます。

「sidewalk」の類義語はどんなものがある?

「footpath」や「pavement」も歩道を意味するが、地域によって用語が異なる。

アメリカ英語では「sidewalk」、イギリス英語では「pavement」と呼ばれることが多い。

例文:Keep left on the pavement.
和訳:歩道は左側を歩いてください。

「sidewalk」の対義語はどんなものがある?

「roadway」や「carriageway」は、車両が通行する部分を指し、歩行者とは対照的に設計されています。

例文:No pedestrians allowed on the roadway.
和訳:車道には歩行者の立入り禁止です。

「sidewalk」を語源から学んでみよう

「sidewalk」は、"side"(側)と"walk"(歩く道)という英語の単語が組み合わさった合成語です。

"side"は古英語の"sīde"から、「側や端」という意味であり、"walk"は古英語の"wealcan"からきており、「歩く」を意味します。

類似の合成語には「crosswalk」(横断歩道)や「boardwalk」(板張りの歩道)などがあります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,