文法・単語・類義語 英語を学ぶ

ネイティブに聞いた「surgery」の意味 ネイティブの実際の使いから、語源、類義語、対義語、発音まで徹底解説

こんにちはTOMOです。

今回は日常会話やTOEICでも頻出の「surgery」について詳しく解説していきます!

他のサイトではあまり解説されていない「類義語」「対義語」「語源」などについても詳しく解説しているので、是非参考にしてください!

TOMO

最短で理想の英語力が身につく”実体験に基づく学習ノウハウ”を発信「現在TOEIC900点を達成」「海外企業と協力して新規事業立ち上げを推進」

まずは「surgery」の意味について1分で理解しよう!

「surgery」は、体の中の臓器や組織に異常があるときに、治療や改善を目的として行われる医療行為です。

手術道具を用いて切開を行ったり、問題を取り除いたり、修復するプロセスを指します。

これは病気や怪我の治療法であり、専門の医師が実施します。

ネイティブスピーカーは「surgery」をどんな場面で使う?

ネイティブスピーカーは、医療に関連する状況で「surgery」を使います。

話者が自身の手術、他人の手術、または外科手術に関する医療分野の話題を説明する際に用いられます。

「surgery」の難易度は?一般的に使うの?

この単語の難易度は日本でいうと、10段階評価で3です。

幅広い年齢層で使われる一般的な単語です。

*難易度はネイティブが10段階で評価(10が最も難しく5が高校レベル程度)。

例文で「surgery」をマスターしよう!

例文1

He required surgery after the accident.
事故の後、彼は手術を受ける必要があった。

例文2

She is recovering well from her heart surgery.
彼女は心臓手術からうまく回復している。

例文3

The surgery was successful, and the patient is now stable.
手術は成功し、患者は今安定している。

「surgery」の発音をマスターしよう!

発音|ˈsɜːrdʒəri/サージャリー この単語は三音節で、最初の音節に強勢があります。

「sɜːr-」の部分は「サー」と発音し、「じゃ」のような音は無声音で「-dʒ-」で示され、「-ri」は「リー」となります。

全体的に「サージャリー」と発音します。

「surgery」の類義語はどんなものがある?

「operation」 「operation」と「surgery」はほぼ同じ意味の単語で、医療行為を指しますが、「operation」はより広い意味で使われ、手術以外の治療プロセスも含むことがあります。

例文: The operation was a success.
和訳: その手術は成功だった。

「surgery」の対義語はどんなものがある?

対義語としては「non-surgical」や「conservative treatment」があり、手術に頼らずに行われる治療方法を指します。

例文: The doctor recommended a conservative treatment instead of surgery.
和訳: 医者は手術の代わりに保存的療法を勧めた。

「surgery」を語源から学んでみよう

「surgery」の語源は、ギリシャ語の「cheirourgia」に由来し、これは「手(cheir)」と「仕事(ergon)」を組み合わせたもので、「手で行う仕事」を意味します。

これと同じ語源を持つ英単語としては「chirurgeon」(古語で外科医)や「ergonomics」(人間工学)があります。

-文法・単語・類義語, 英語を学ぶ
-,